うしろの玉ねぎ

かわいい子を眺めていたい。

ももちなはたち

色々仕入れたので順繰りに消化していくシリーズが全然消化されてないので消化していくシリーズ。

今回は『ももち はたち』。個人的には『しみず はたち』を熱望しているのですが、いつ出るんでしょうか。あと、半年しか残された期間はないというのに。半年後だと『清水レボリューション21』というタイトルになってしまうぢゃないですか。もしくは『21歳までのシミズサキ』、出してくれればどちらでもいいですけど。ハムたんを出さないのであれば、『みやび はたち』を8月に出版すべし。これ命令。

f:id:azinger:20120514182034j:plain

というわけで、ももちことつぐさんです。

コンパクトボデーを惜しげもなく披露してくれてます。その姿勢はすごく素敵で賞賛するんですけど、哀しいかな、色気が……いや、これは個人的な問題であって、むはー、たまらんと感ぢる方も多くいらっしゃることでしょう。だがしかし、だがしかし、だがしかし……つぐさん。

そうはいっても、つぐさんがかわいいことは紛れもない事実で、そういったかわいい子、つまるところ好みの女の子の体のラインを眺めるのが大好きな身の上にとっては、水着になってくれる、それだけで十分です。ありがとう、つぐさん。そんな感謝を述べといてなんですけども、できれば下はともかく、上はもうちょっと小さめな水着だと鑑賞的にもっと喜べます。おっぱぉの曲線と、その柔らかさを見るためにはそのほうが好ましいわけです。熊井ちゃんのような感嘆するスタイルとは対照的といったら失礼ですども、コンパクトボデーながら出てるとこは出てるアッピールして対抗するためにも是非小さめ水着をプリーズ。ももアタックなどで固いと噂されている桃尻がホントはぷりぷりの柔らかさなのを証明するために半分ぐらいお尻してる水着でも可。結局見たいんぢゃまいか。いや、見られるなら見られるに越したことはないという話。

f:id:azinger:20120514182035j:plain

コンパクトぶぁストながらいいものを持っていると確信しています。いい肌色してますし、これで色気もあればグラビアイドルとしても素晴らしい逸材。

f:id:azinger:20120514182036j:plain

しかしまぁ、これも本人が聞いたらそういうこといわないの! と叱られちゃいそうですが、ももち結びしてるよりもしてない髪形、特に髪を下ろしてるほうが抜群にかわいいと思います、はい。

どちらかというと、ももち結びはハムたんにやってほしいです。あの子ぶりっ子ですし。ハムたんが黒髪で二つ結びしてブリブリなキャラを出しつつ、いつもの真面目なツッコミも健在ともなれば、ハムたん熱がまた急上昇するかもしれないのに惜しいわ。

f:id:azinger:20120514182037j:plain

内容的には水着イメーぢシーンと、BGMにインタビューを流しながらの着衣なイメーぢ、写真集メイキングの3部構成。着衣シーンはつぐさんのキャラが出るようにその時の声、いわゆる肉声をそのまま収録したほうが良いような気がします。一人しゃべり、インタビューは10分ぐらいの特典映像として収録してほしゅうございます。

広告を非表示にする
TOP