うしろの玉ねぎ

かわいい子を眺めていたい。

第9回 アイドル楽曲大賞2020に投票

今年もこの季節がやってきました。ただ、コロナ禍でほぼライブのない生活だったので楽曲を体感することが少なく、またフェス等で新しく知る機会もなかったのは残念無念です。そんななか、Spotify という強い味方を得たのに聴いてたのはアイルネちゃんの楽曲とその原曲群ばかりだったのは内緒です。

投票サイトはこちら、「第9回アイドル楽曲大賞2020」。15日、23:59まで。

というか、去年の楽曲大賞のブログにあとでコメント書くといいつつ未だに放置してるのなんとかせいよという話もあります。

<メジャーアイドル楽曲部門>

1位:誓約 / 田村芽実

ボーカリスト・田村めいめい芽実好きすぎ問題。ABメロの綺麗さを堪能したあとのサビでの爆発力が堪らない。アホみたいに聴いた。サビの壮大感、最後のウィスパーでの〆も素晴らしい。歌詞もまた良くて「♪私が冷たくなっても 抱いていてね」とか、もうタマランチ会長(古

続きを読む

Bitter & Sweet 「だけど会いたい」発売記念ミニライブ at SHIBUYA TAKE OFF 7 & タワレコ錦糸町

Bitter & Sweet が新曲出してリリースイベントでミニライブをするということでこれは行かねばと馳せ参ぢた次第。


Bitter & Sweet『だけど会いたい』(Bitter & Sweet [“But I wanna see you.”])(MV)

2月末にワンピクのアルバム発売記念リリイベ行って以来、9ヶ月ぶりのリリースイベント参加がビタスイになるとは全くもって思いもよらず。世の中分からんものです。

同ぢく9ヶ月ぶりに乗る電車で向かうのは渋谷、TAKE OFF 7 というライブハウスで初めての会場です。B1へ降りる階段途中で番号順の呼び込みがあってまずそこで入場券の確認回収と検温、降りて入り口にてアルコール消毒して名前と電話番号を用紙に記入し、ドリンク代を支払って入場。入ってすぐ左手がドリンクカウンター、正面奥がステーぢ、右手にフロア、キャパは200ぐらいかな。

ステーぢ下手側にスタッフルーム入り口があってさらに左に行くとトイレ、段差のないフロアの後ろにはPA。ステーぢの高さは60cmほどで奥4m、幅5mぐらいの正方形に近い感ぢ。フロアには1m間隔ぐらいで丸椅子が置かれてて1列5席が7列ぐらい。始まる前、運営が想定してた以上に来場者があったらしくて最前が1列前に移動したぐらいに意外と盛況。それでもキャパには到底及ばないレベルですがコロナ禍を思えばほぼ満席といっていいでしょう。

取り敢えずドリンク交換済ませとこうと行ったらペットボトルの水がなくて困ったちゃん。100円プラスで選べるレッドブル以外はカップでの提供でマスクずらして飲むのはいやん。このご時世ペットボトルぐらいは用意してたもれ。というわけでささっと飲んで着席待機。丸椅子は硬くて長時間座るのはきついなとか思っていたら時間が来て開演、CDぢャケット写真で着ている白衣装にて登場、あさひさんはポニー、萌美さんは下ろし。

1部のセトリは以下。

続きを読む

Xperia 10 II 個人的メモ

先日購入した Xperia 10 II が届いたので色々忘れないようにメモ。ちなみに au です。

ぼちぼち何かしら追加されます。

端末関連

▼ 20年6月21日追記。

電池持ちは結構良いかも。前機 XZ1 のバッテリー容量は2,700mAhで2日ちょい程度だったのが、 10 II は3,600mAhとかなり増えたので同ぢように使っても今のところは3日半ぐらい持ちます。 

▼ 20年6月20日追記。

この端末、画面のタッチ精度がどうにもよろしくない。特に「■」の部分の精度が悪い。画面端からのスワイプもいまいち。悪い個体に当たったかもしれないが、特段ムガーッてなるほどのことでもない。電源ボタンの指紋認証もちょっとむにゃむにゃどころか、めっちゃ精度悪い。しない時はほぼ認証せずで使い物にならないレベル。大体急いでる時に限って利かないから非常にムカつく。もっとがむばれソニー

続きを読む

第8回 アイドル楽曲大賞2019に投票

今年もこの季節がやってきましたか、早い。締め切り間近なので取り敢えず投票だけしてコメントは後でまた更新します。

投票サイトはこちら、「第8回アイドル楽曲大賞2019」。

<メジャーアイドル楽曲部門>

1位:魔法をあげるよ ~Magic In The Air~ / 田村芽実

 

2位:DA DA DANCE / BABYMETAL

 

3位:Shanti Shanti Shanti / BABYMETAL

 

4位:コイワズライ / PiXMiX

 

5位:Girls Don't Cry / ONEPIXCEL

 

補足:

<インディーズ/地方アイドル楽曲部門>

1位:Speed Test / 校庭カメラガールドライ

 

2位:Taiwan no Men / 校庭カメラガールドライ

 

3位:Hero / 原田珠々華

 

4位:君のピュアネス / 南端まいな

 

5位:逆光 / Task have Fun

 

補足:

<アルバム部門>

1位:METAL GALAXY / BABYMETAL

 

2位:Dawn by Flow / 校庭カメラガールドライ

去年のハロウィンイベントで『Toronto Lot』を聴いて以来気になってしまってつい買ってしまったアルバム。『Taiwan no Men』を筆頭に今年前半鬼リピしたアルバム。ボーカル・きゃちまいはーさんの脱退発表に伴う活動休止が残念。

3位:はじめての青 / 原田珠々華

 

補足:今年は結構聴いたアルバムがあって選択の余地がない毎年と違って選ぶ楽しさがあったわ。選に漏れたアルバムについて以下。

南端まいな『Clarity』、アイルネちゃんが解散してまさかまいにゃがソロシンガーになるとは思わなかった。

田村芽実『SPROUT』、歌唱力と表現力は抜群。このアルバムでも変幻自在に魅せてくれてます。

PiXMiX『Pump It Up!』、今年一番推したグループです。

あゆみくりかまき『ぼくらのうた』、あゆくまさんは毎年Fesではお世話になってます。個人的にはまだ『未来トレイル』を超える曲が出てきてない、でもライブはホント楽しい。来年もよろしくおねがいします。

Task have Fun『RED / BLUE / GREEN ALBUM』、しかしなんですな、シングルは百歩譲るけどもアルバムは1枚にしてください。切に。

<推し箱部門>

東京女子流

第17回ハロプロ楽曲大賞'18に投票

女子流ちゃんのライブだの、ワンピクのリリイベだのに忙しくて、アイドル楽曲大賞の存在をこってり忘れて気付いたのは〆切りを過ぎた後という失態を犯したので、忘れずにこちらだけでもやっておかねばなりますまい。というわけで第17回ハロプロ楽曲大賞'18に投票です。ベリキューが去って以降はハロプロを熱心に見ているわけではないのですが、見ればかわいいし、おもしろいし、楽しい。それがハロプロ

投票サイトはこちら、「第17回ハロプロ楽曲大賞'18」。

<楽曲部門>

1位:TOKYOグライダー / Juice=Juice

Juice=Juice#2 -! Una mas! -【初回生産限定盤】

Juice=Juice#2 -! Una mas! -【初回生産限定盤】

 

選考理由:ゆるゆるながらもアスタライトとしては聴いた瞬間これ好きってなったのは当然の流れといえましょう。編曲・松井寛さん、もうバリバリに松井節が響きまくってて、それをちゃんさん、かなとも、さゆべー、るーちゃんのボーカルが彩るという素晴らしさ。ブラボー。

続きを読む