読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

第13回ハロプロ楽曲大賞'14に投票

ハロ。

12月といえば、この行事。というわけで、今年もハロプロ楽曲大賞'14に投票しましたので、書ききれなかった補足なんぞをつらつらと。

投票サイトは、第13回ハロプロ楽曲大賞'14。鮎☆輔さんが描かれてるTOP画が大変素敵ですので、皆様も是非ご覧になって、ついでに投票を。期限は12月11日23:59まで。

<楽曲部門

1位:時空を超え 宇宙を超え / モーニング娘。'14

選考理由:これを聴いた時、多分今年の楽曲大賞はこれだなと思ってたら、その通りになりました。いや、結果は知りませんけど個人的に。珍しく歌詞もメロディーも世界観をきちんと作ってて表現してて、曲そのものの完成度が高いです。リフレインや挟まってくるような音が嫌という人がいますけども、それが好きだったりするので好みだなぁと思います。

2位:What is LOVE? / モーニング娘。'14

選考理由:リズムを刻むドラムの音と、「♪Is it necessary?」で決めるまーちゃんボーカルが好き。

3位:風に吹かれて / Juice=Juice

選考理由:1番のサビ前のちゃんさんソロがものごっつぅ気持ち良くてそれだけで3位に選びました。元々、ちゃんさんの声は好きで、でも歌声はもっと好き。そんな大好きなちゃんさんボーカルから始まるんですからそりゃ好きにもなりますが、2番終わりの間奏もいいし、つんくマンお得意の強気な女の子の歌詞ぢゃないところもポイント高し。

4位:イジワルしないで 抱きしめてよ / Juice=Juice

選考理由:素直にリズムとサウンドが好きです。そして、こちらも1番のサビ前のちゃんさんソロ「♪お・ね・が・い」がべらぼうに好きです。

5位:TIKI BUN / モーニング娘。'14

選考理由:ノリの良さが一番です。「チキブン」という意味のない言葉をそのまま使ってタイトルにもしちゃうつんくマンらしいセンスが存分に光ってる良いパティーン。

補足:見事に娘さんと汁ちゃんの曲だけしかない罠。ベリキューはいつも良くても及第点ぐらいの曲が多く、跳ねないのが難点。ベリちゃんはラストのご祝儀で『ロマンスを語って』ぐらいは入れてもいいかなと思いつつ、どう考えてもこれらの曲のほうが良かったので如何とも。バックグラウンドを踏まえての感情移入をしない身にとっては『永久の歌』も普通の曲にしか聴こえないのが困ったところ。

℃ちゃんについてはいいたくはないですが、どうにもならない状態。圧倒的に好みが合わないので候補にすら挙がらないのがなんともで、唯一挙げるとしたら『THE FUTURE』ぐらいですが、それも2番のまいまいソロパート「♪眠れるんじゃないか」と「♪引き戻れるんだ」がなければ○曲とまではいいませんが、絶対的に合わないレベルで、もう手の施しようがありません。ここ数年、まいまいボーカル超欠乏症に陥ってるので、まいまいソロ曲か、メイン曲でも発表してくれない限り、℃ちゃん曲が楽曲大賞候補に挙がってくることはもうないかもしれません。それでもカナブンは良かったわけですから希望はあります。Single Ver. は好きぢゃないですが。

スちゃん、今年は個人的ヒットがなかった印象。去年12月の『ええか!?』ぐらいでしょうか。

汁ちゃん、漏れた曲として『裸の裸の裸のKISS』はラテン系の早いリズムと音作りが気持ち良く、『背伸び』は「ウォウォウォ」の合いの手が邪魔ぢゃないと感ぢられるのがポイント高いところ。℃ちゃんの『The Power』の合いの手「ヴォイ」と何が違うんだといわれたら好みとしかいいようがないんですけど。汁ちゃんはちゃんさんとかなともの声が好きなのですが、その2人がメインやってくれてるので助かります。さゆべーの声は嫌いではないですが、好きでもない。あーりーとゆかにゃんの声はアクセント。

最後に娘。『見返り美人』がすげー好きです。「♪背中で さよなら」のとこ超好き。それだけにオールユニゾンなのが惜しい。個人的趣味嗜好の世界なんですけど、女性ボーカル曲はリアルに「声」が一番重要なファクターで、オールユニゾンされちゃうと好きな声だけの世界がなくなってしまうため、萎えます。サビだけユニゾンとか、ハモリならいいんですけども、オールでやられちゃうと、「ンガーッ!」てなります。好きな声の人のパートがなくても「ンガーッ!」てなります。℃ちゃんのまいまいとかまいまいとかまいまいとか、主にまいまいなどです。それはともかく、この曲なら小田作ちゃんをメインに据えてほしかったなぁと。小田作ちゃんの演歌聴きたいのぉ。

<MV部門

1位:イジワルしないで 抱きしめてよ / Juice=Juice

選考理由:センターで踊るのがちゃんさんではなく、だーちゃんというイレギュラーっぷりがなんといってもおもしろい。

2位:おへその国からこんにちは / ハロプロ研修生

選考理由:かわいい子のおへそっていいものです。それだけです。(それだけかい 色々涙無しでは見られない人も出てきたりしますけど、元気です。とかく、ささりかちゃんの印象が強かったのを覚えてます。踊りもルックスも含めて、目を引くのですごいなと。ところでこれ、公式でMVが見当たらないですけど、どこにあるのー?

3位:ロマンスを語って / Berryz工房

選考理由:ハムたんとみやの左肩のラインがたまりません。ベリちゃんにしては珍しく衣装もきれいに統一されてる上に、ちゃんと曲に合ってるのがすごい。いや、当たり前の話なんですけど、それが当たり前ぢゃないのがあすこの事務所。

補足:選ぶのに一苦労しました。ハロのMVは基本ダンス中心に魅せるタイプのものが多く、まのちゃんみたいな物語性があったり、監督の趣味が出まくってくるようなセンス良いクリエイティブなものがないのでどれもどんぐりの背比べなのが難点。次点はトキソラ。世界観が十分に表現できてて、さらにはまーちゃんの表情、仕草が秀逸。そして、さゆが綺麗。その辺は過去記事に書いてます。

<推しメン部門

萩原舞℃-ute

選考理由:黒髪ぢゃなくても、まいまいはまいまい。往年の圧勝オーラはもうなくなりましたけども、それでもまだまだまいまいは健在です。黒髪ならいつでも2位以下を超絶突き放すこと間違いなしなんですけど、それは叶わぬ夢なので置いときます。黒髪ではなくなったせいで求めるのがすっかりあの甘いボーカルオンリーになってしまって、ゆえに℃ちゃん曲で声が聴こえない少ないと、ンガーッてなってしまう弊害が出まくりで困ったちゃんなので、黒髪にするか、ボーカルを増やすか、なんとかしてください。(なんともなりません

補足:まいまい、みや、ハムたん、ハロプロソート不動のTOP3であるこの3人も来年には1人しかいないかもしれないわけで、さらにはさゆも卒業して、これは危機ではないかと思いつつ、下を見ると、かわいい子だらけで安泰だなと思ったりもするハロプロはホントすごいわ。

娘。は現状、さゆのところにどぅーが滑り込む予定ですが、熱心なファイターズファンということを伝え聞いてる牧野真莉愛さんが昇格する可能性もあります。スちゃんの室田さん、ささりかちゃんも気になるところ。でも、やっぱり最後は℃ちゃんがどうにかならない限り、まいまいに落ち着くでしょうけど。

f:id:azinger:20141208032342j:plain

まいまいハァ━━━━━;´Д`━━━━━ン!!!!

そんなこんなのハロプロ楽曲大賞、ワンフォーーーーーーでした。

広告を非表示にする
TOP