読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

@JAM EXPO2014 at 横浜アリーナ

f:id:azinger:20140903064642j:plain

この夏最後のお楽しみ、@JAM EXPO2014に行ってまいりました。横浜アリーナなんて、もうかれこれ随分前に同人誌即売会で行った時以来、ライブ会場としては初めてです。TIFと違い、@JAM EXPOは初開催ということもあり、ステーぢ構成や入場の仕方、人の集まり方、またファン層など、どうなっているのか、どうなるのか、勝手が分からなかったので様子見しながら楽しもうと思っていたのですが、存外に楽しめました。色んな意味でTIFほど熱くはないものの適度に色も違いますから、こちらも毎年の恒例行事にしてもらいたいものです。

以下、時系列につらつらと書いています。

最寄りの新横浜駅からさくっと会場入り、一応整理番号順。ここが無銭の多いTIFとの大きな違い。通りすがりの一般ピーポーをそのパフォーマンスで捕まえたりはできませんが、集うのはアイドルファンだけなのでアイドルちゃんにとってはある意味見せ甲斐があるんぢゃないでしょうか。

まずは、このフェス一番のお目当てであるアイドルネッサンスが出るピーチステーぢへ一直線。アイドルネッサンスは先日のTIFで見て村下孝蔵さんの『初恋』をやったのを見て、さらにBaseBallBearさんの『17才』を聴いてがっつりファンになりました。もう一回心の準備をして『初恋』を聴きたいと思い、やるかどうか分からないまま、とにかく見なきゃと思ったのです。

さて、そのピーチステーぢというものは、仮作りのような高さ50cmほどの簡易ステーぢ。幅にして7~8m、奥行き3~4mぐらいですか、前方左右にスピーカーと照明、ステーぢから1mほどに銀行のATM列用のベルトでシュッとやる例のヤツ、とても柵とは呼べない代物で区切られてて、これ最前にいて後ろから押されたらもう倒れるしかないレベルで、ここは寂れた地方の商店街が催しをやるステーぢかと思いました。このピーチを含め、2Fにあるオレンぢ、グレープの3つのステーぢは全てそんな感ぢでした。しかし、これがまた個人的には大当たり。

入場時はまだ人が少なくて思いがけず上手最前をゲット。わくわくして待ってたら、すぐ右手にある関係者専用になっている階段にアイドルネッサンスちゃんたちの姿が。あらかわいい。ただ開演が押していたため、1回お帰りになってました。10分遅れてようやくOAが登場。愛知県豊田市のローカルアイドルという「Star☆T」、人数が多くて狭いステーぢに苦戦してました。上下白白のツインテールぢゃないほうの子がかわいい感ぢ、途中から参加したちっちゃい子もかわいらしくて思いの外ビぢュアルレベルが高く、それなりにヲタTを着た方がいらっしゃったのも納得。意外と知られているのかしらと思ったり。

2Fの小さいステーぢは各アイドルの持ち時間が15分ほどで、大体3曲披露が定番の模様。このStar☆Tちゃん、後でロビーにて普通にご飯食べてるところに遭遇しました。距離近っ。

歌い終わって次はどこそこのステーぢでやりますと告知してハケると、お待ちかねのアイドルネッサンス登場。はぁん、白セーラー服の理子ちゃんかわいいよ理子ちゃん、まいなちゃんもかわいいと、2人ガン見。『ミラクルをキミと起こしたいんです』『初恋』『17才』を披露。開演してすぐ念願の『初恋』が聴けてこれだけでお腹いっぱいな上、理子ちゃんがかわいくてかわいくてどうしましょう。1曲目が終わった時点でもう顔中汗だくになってる理子ちゃんのかわいさったらもう! そのかわいい顎から汗が滴り落ちてて、あの汗をすぐそばで売ってるリ○ビタンDのビンに入れて「理子びたんD」として売ってほしいと、そんなことを俄然強めに思ったとか思ってしまったとか思わざるをえないとか、はい、すいません。

それはともかく、TIFからずっとMV見まくった17才を一緒にフリコピしたりと、のっけから楽しくてかわいくてテンションMAX。あー、早く『初恋』の音源欲しい。カバーアルバム、ウォンチュー。ステーぢからバイバイした後、先ほどの階段から去っていくところをお見送りしました。お疲れ様ーと声をかけたら、まいなちゃん他に手を振ってもらいました。きゃー、かわいい。

と、ここで幸せに浸ってたんですけども、フェスはまだまだ始まったばかりということで周りのステーぢチェックをしつつ、物販のふれあいエリアを覗き見。

1Fの物販は会場の外に設置されてました。取り敢えず、タワレコブースでキャラメル☆リボンの『ファーストシークレット』のCDを購入し、特典券をもらい、そのまま握手。天音ちゃんに「去年のTIFで気になって今年のTIFでファンになりました」と伝えたかったのです。ありきたりな言葉でも、褒めたり、ファンになったといわれたりすれば、なんだかんだでアイドルちゃんも嬉しいし、やる気にも繋がるのは分かっているので伝えるの大事。天音ちゃんの笑顔が見られたし、関西イントネーションも聞けて癒やされましたん。何気に近くで見る聖奈さんが思ってた以上にかわいくて無駄に握手を粘ってしまいました。いや、ちょっとだけですが。いつも天音ちゃんロックオンですが、聖奈さんも見てみようと思った初握手。

さて、そのお目当てのキャラメル☆リボンまで時間があったので、適当に他のアイドルさんも見てみることに。

グレープステーぢにいたのは「Maria」。グラサンしてランドセル背負っての登場で初見にはインパクト大。グラサンアイドルといえば、在りし日のまいまいさんを思い出してしまって仕方ないんですが、それは置いといて。2曲目からはグラサンもランドセルも外して普通になりました。あれ、いりますか、確かにインパクトはありましたけど。お歳が幾つなのか分からなかったけど、ちょっと化粧が濃いような気がします。曲がロックなのでそちらに合わせてるのかもしれません。なんとなく顎にほくろのある人がばくわらさんに似てて、あと誰か分からないけど、せりぷにに似てる人もいました。遠目に見てる分にはそれなりにかわいい気がするのでグラサンはもったいない気がします。このMariaさん、奇しくも2回目のステーぢも見てしまうことになるのですが、曲は悪くないのにキンキンのでんぱ声ではないものの、がなる感ぢのボーカルで惜しい。多分にまだ若いと思うのでしっかりボイトレしてほしいなと思いました。ボーカルがちゃんとしてればCD買ってもいいかなー。なんだかんだで、最初の自己紹介ソングのサビ、覚えちゃいましたし。

何気にMV見つけました。うむ、やはりこういう時のために、Web大事。

続いて登場は「SO.ON projecct」、前に@JAMのOAで見たことがありますが、人数多いという印象しかなく、今回もやっぱり人数多いなという印象。ステーぢが狭いので選抜された人だけでしたけど、ポニーの人デカッと思いました。最前にいたファンから「オレのなんとかちゃん」うんぬんと激熱コールを受けてて苦笑いしてました。アイドルちゃんも大変です。

ここで再び物販エリアへ。アイドルネッサンスちゃん目当て。『17才』のCDが超絶欲しかったのに、まだライブ会場や特定のネットでしか買えないということで、それならここで買うべしと決めていた次第。というわけで、CD購入。特典券をもらうも握手ではなく、お見送りと書かれてて、はてどんなことするのかと様子を見るとメンバー個々と緩~くおしゃべりしてるではないですか。いやいや、7人全員とそんなしゃべるネタないですと震え慄いてしまい、まだ理子ちゃんとまいなちゃんだけならなんとかなりますけど、他のメンバーにかける言葉が特にないのは失礼ですし、理子ちゃんを近くに眺めたい気持ちをぐっと堪えて、ここはスルーしました。しばらく遠くから様子を眺めて満足した後、キャラメル☆リボンを見るために再びグレープステーぢへ旅立ちました。

取り敢えず、下手側の前のほうで窺っていたら「虹のコンキスタドール」が登場、こちらも初見。友人から竹中センセがフリを担当してるということだけは聞いてました。まだ、デビューというか、誕生したばかりらしく、他のアイドルさんが3曲やるなか2曲だけで、残りはアイドルらしい長めの自己紹介で時間を消費してました。10人もいるので大変。分からないでもないけど、ちょっともったいない気がします。そんななかで他のメンバーを見る目が冷たい(感ぢがする)根本さんがちょっと気になりました。歌割りが多く、センターっぽいのにものすごい不安そうにダンスしてて、時たま他のメンバーをちら見してたことからしてフリやフォーメーションを覚えてなかったのかもしれません。あと、バレエの人はやっぱり印象強し。もっと広いステーぢで踊らせてあげたいです。そういえば、衣装は岸田メルさんデザインとのことで確かにかわいらしく、竹中センセもヨダレを垂らしたことでしょう。

そして、お目当てキャラメル☆リボン。ここで最下手最前をゲットし、天音ちゃんロックオンと思いきや、存外上手ばかりで目の前は聖奈さん多し。しかし、これがまた困ったことに聖奈さんかわいいの。天音ちゃん天音ちゃんするつもりだったのに色んな意味で計画が狂いました。先ほどの握手の効果が存分に出ています。(簡単やなー

1曲目に『ファーストシークレット』、2曲目はまだ知らない曲でしたが、どうも『虹色』らしい、最後は『七色の虹の向こうに』で〆。満足してハケようとしたら、後ろからドドドッと人が押し寄せてきて何事かと思いました。次のアイドルちゃん目当てなんでしょうけど、怪我するから落ち着いてほしいものです。なんとか脱出して後ろから覗くと、すげーちっちゃい子たちがステーぢに出てきてて、あぁなるほどと得心。全くこれだからピー(自粛

次のお目当て、Bitter&Sweetを見るためにピーチへ向かう途中、トークステーぢの後ろにアイドルネッサンスちゃんの姿が見えて、これから出演するのかなと思ってそこで待機してたら、予想通りに登場してくれたのでそのまま理子ちゃんまいなちゃん鑑賞。やー、かわいらしいこと。さすがにトークのほうはまだまだでしたけど、アイドルになって「バタ子さん」という変なアダ名を付けられたまいなちゃんのお話は良かったです。バタ子さんかわいいよバタ子さん。

さて、ピーチにてビタスイ。まさかの『Rolling Days』からの『雨夜の月』、そして『誰にもナイショ』の3曲披露。まだ曲が少ないとはいえ、あさひさんのソロ曲ぢゃちょっと萌美さんが……『悲しきヘブン』で魅せつけてやれば良かったのに。それはただ単に聴きたかっただけなんですが、図らずも雨夜の月が聴けたのは収穫。何気に好きな曲。

そそくさとオレンぢへと移動。当然アイドルネッサンス目当て。入れ替えタイミングでぬるっと上手最前ポぢション。センター付近ではヲタTを着た人たちががっついて最前のベルト柵を倒しかかっててスタッフさん必死に止めるの巻。ヲタT着てる場合、そのアイドルちゃんの名前背負ってるわけでアイドルちゃんのイメーぢに直結しますから行動は慎重にお願いします。ここでは『17才』から始まり、『太陽と心臓』、『夏の決心』で〆る内容。17才では朝の1発目よりも盛り上がりがパなくて大変でしたが楽しかったです。

♪じゅーななさーい、っつぁ、セブンティーン、パンパンッ!

そして、またハケるところをお見送りして去ろうとしたら「Prizmmy☆」というアイドルさんが『EZ DO DANCE』をやり出したものですから、世代としては踊るしかなく、後方でスペース取ってぢャンピング。折角だから最後まで見てました。ダンサブルなグループですなぁ。

ほくほくと次のお目当て、女子流ちゃんのためにパイナップルステーぢに向かうも入場規制中で列待機に。下見してなかったのでどんなところなのか分からず、時間までに入れるかも怪しかったのでここで時間を潰すのはもったいないと列を抜け、グレープのビタスイを見ることにしました。そしたら、これが大正解で超好きな『月蝕』を聴けたのです。フェスだからやらないかなと思っていたところ、惜しいけど女子流ちゃんを諦めて良かった。でも、歌う前に萌美さんがこの曲は失恋ソングでうんぬんと説明してて、この前ブログで書いた妄想解釈が思いっきり否定されちゃいました、いやん。

まぁ、あれはただの妄想で、勝手な解釈なのでいいんですけども。そんなふうに否定されても『月蝕』が良いのは変わりないのです。まだ歌い込み足りないかなと思いますけど、やっぱり良い曲。ちなみに『インストール』『Bitter&Sweet』、そして『月蝕』の3曲でした。

本命・女子流ちゃんを干した以上は他も楽しまないといけません。そんなわけで見たかったけど時間が合わず、全然見れてなかったゆっふぃーを一目見ようとオレンぢに移動。そしたら再び、虹コンに遭遇。うむ、改めて根本さんがちょっとかわいい。あの不安そうな表情が逆に素敵。ひよりさんがアイドルアイドル。バレエの人はあかりさんと判明。

続いてゆっふぃー、ゆるゆると最前に。『#ゆーふらいと』を初めて生で聴きました。

いいものです。MCが始まると、ゆっふぃーが「ヲタさん」と呼ぶファンの方々が一斉に座り出してびっくり。慌てて座りましたけど、その現場現場で色んなルールがあるものだと変な感心。ただ、ゆっふぃー曰く、理解のない職場でも公言できる大人アイドルですから、安心して見てられます。BiS時代より、やりたいことをやりたいようになってるのでしょう、柔らかい独特な雰囲気があって好感。

ゆっふぃー去って、ここでまたぞろMariaさんが登場した時は縁があるのかなと思ったりなんだり。少し後ろへ下がって鑑賞し、お目当てのキャラメル☆リボンで再び最前へ。1回目は下手で聖奈さん聖奈さんしたので、今度は上手にて天音ちゃん天音ちゃんしました。TIFでも思いましたけど、ホント満面の笑顔で歌って踊る天音ちゃんのあの表情好き、大好き。かわいいわー、かわいいわー、2回いいました。ここでは、『スタートリボン』『ファーストシークレット』『ALL NEW FEELIN'』を披露。

キャラリボはMIXなく、変なコールもなく、とっても平和で好みな現場です。歌も安心して聴けますし、曲も好みですし、東京でワンマンやるなら行ってみたい。

アイルネ、キャラリボと今日のお目当て2組のステーぢは終わってしまったので、ふらふらと2Fのメインであるブルーベリーステーぢできっか鑑賞にいそしみました。TIFでも着ていたサンバ衣装で『こんな私でよかったら』『「好き」の数え方』『URAHARA テンプテーション』『ずっとずっとずっと君がスキだ』の4曲。きっかも安心して聴けますが、何よりMCがおもしろいことおもしろいこと。もっとバラエティー仕事増やしてほしいぐらい。周り見たら皆黄色サイ振ってて、そういえばTシャツも黄色だったと思い出して、まだ使ってない佐保ちゃん用の黄色サイを取り出してオイオイ振って、佐保ちゃんタオルも振り回しました。黄色好きで良かった瞬間。

その佐保ちゃんをまだ見てないということで先ほど断念したパイナップルに再挑戦。一旦、外に出て併設されてるカフェの中を通った奥にあるステーぢでなんと狭いことか。しかもステーぢが低く、後方だと全く見えません。いや、こんなところでアプガちゃんや女子流ちゃんやったらダメです。でんぱさんなんてよくやったものです。アプガのために中で待機してた戦国萌えの友人に後に聞いたところによると、前はかなりの圧縮があったそうで危険を感ぢて入り口近くに位置してて正解でした。いや、適当に立った近くにモリティ推しのマサイさんとか、MIX的人間がいたので避難しただけなんですけど。『バレバレI LOVE YOU』『アップアップタイフーン』『ジャンパー!』『チョッパー☆チョッパー』と、アゲアゲな4曲。天井低かったけど、こちらも驚くほど低いぢャンプなのでなんのその、あんな狭い中にあれだけの人がいて激しく動くんですからほぼサウナ状態、たっぷり汗かきました。

汗を乾かしつつ、メインであるストロベリステーぢへ初めて入場。当然、女子流ちゃん目当て。いやはや、さすがのアリーナ、広いこと広いこと。PASSPO☆のステーぢ中で、この後女子流ちゃんとなると、TIFでのスマイルガーデンの惨状が思い出されます。実際、近くにMIX暴れ軍団がいましてどうかなと思いましたが、前方ブロックの最後方最上手、女限の後ろにいたからか、存外スペースにゆとりがあってなんとかなりました。というか、女子流ちゃんの時にはいなくなりましたけど。

その女子流ちゃん、去年の武道館で着ていた白のセパレート衣装に身を包み、イントロからの『鼓動の秘密』『Liar』『Partition Love』と、これぞ女子流な3曲連続。やっぱり女子流ちゃんには大きなステーぢが似合うなと思いました。贔屓目ながら、5人でもステーぢが小さく見えるぐらいです。軽いMCを挟んでフェス用の盛り上がり楽曲を3つ、『Rock you!』『ちいさな奇跡』『Attack Hyper Beat POP』。久しぶりにちいさな奇跡を隣り後ろを気にせず、腕振って楽しく踊れました。気持ち良し!

そのままグランドフィナーレまで見るつもりで、でんぱさんも鑑賞。初めて@JAMで見た時はキンキンの電波声でがなってただけで聴くに耐えなかった思い出があって、それなのに後々売れたと知った時はそういう時代なんだなと思ったものです。アイドル好きなくせに萌え萌えきゅんきゅんが苦手で、例えとして出して申し訳ないですが、萌えアニメ的な甲高い声や、しゃべり方が大嫌いな人間ゆえに性に合わず、売れた今聴いても見てもやっぱり全くこれっぽっちも琴線に引っ掛からないことが良く分かりました。当たり前のことながら別にでんぱさんが悪いとか嫌いとかではなく、人の好みは千差万別という話。

さて、グランドフィナーレではアイドルちゃんがステーぢに大集合。ひーちゃん含む女子流ちゃんがあの短い間に衣装チェンぢしてるのにびっくり。いや何故にと思ったけど、CDぢャケットに合わせたのかと後々思い直し。テーマ曲である『夢の砂』を歌って、感想を述べて、記念写真を撮影して終了。べー隊長と佐保ちゃんが手を握ってたのかどうか、仲良さそうにしてたのが印象的。べーさん、いつの間に?

そんなこんなの、@JAM EXPO2014。

初めての開催にしては大成功といっていいのではないですか。2Fの小さなステーぢばかり見てたせいか、特にこれといった大きな不備も事故も見受けられなかったですし、その笑えるほど小さい2Fステーぢ3つでもうめたんこ楽しめて満足充足。入り口出口がひとつしかないステーぢと違って入れ替えが容易なせいか、目当てのアイドルちゃんの時は最前か、その近くまで行けて鑑賞できましたし、実質ロビーなので最後方といっても距離が近くて後ろからでも楽しめるし、なんだったらサイドからも見られるし、やろうと思えばお迎えもお見送りもできますし、TIFの野外と違って屋内なので空調も効いてるしで、十二分に元が取れたイベントでした。メインのアリーナは1回だけ、入場規制のかかったパイナップルも1℃だけ、キウイに到っては通りかかっただけで、友人に聴くと神イベントだったという運動会も見てない緩~い特殊な人間だからこそかもしれませんが、来年もやるならば是非に足を運びたいと思います。がむばって、@JAM。

広告を非表示にする
TOP