読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子を眺めていたい。

第5回 アイドル楽曲大賞2016に投票

今年もやってきましたこの季節、もうすっかり更新してないこのブログを超久しぶりに起こしてみました。ほぼ10ヶ月振り、いやん。幅広くDDしてるわけでもないので超狭い枠内での選曲にはなるのですが、一応つらつらと。

投票サイトはこちら、「第5回アイドル楽曲大賞2016」。

<メジャーアイドル楽曲部門>

1位:深海 -Hi-ra Mix- / 東京女子流

あぁちゃんの喪失感を完全に吹き飛ばしたといっていい楽曲。もうイントロだけで今までの渇望感を満たしてくれます。そこにひーちゃんの歌が載った瞬間のゾクゾク感、その歌い出し前一瞬の静寂感、サビで高く響くボーカル、軽やかな間奏のリズム、全てが気持ち良い。当然、Royal Mirrorball Mix も松井節全開で素晴らしいんですけど、今回ばかりは Hi-ra Mix に軍配。

2位:Amore -蒼星- / BABYMETAL

SU-METALに外れ無し。何もいうことはありません。ただそれだけ。

3位:バイカラーの恋心 / Dorothy Little Happy

ドロシーちゃんは健在。というか、麻里ちゃんの歌声の強さ、あの清潔感ある綺麗なボーカルは、ただただ澄み切った広い青空に響くのです。汚れた心を浄化するのです。夏らしい爽やかで軽快なリズムに、淡い恋心を描いた歌詞がマッチしてて聴いていて思わず心が、ライブだと体も踊り出しちゃう良曲。

4位:YOU & I FOREVER (Original Mix) / 東京女子流

今年、女子流ちゃんライブの締めくくりの代表曲となった『YOU & I FOREVER』、これが流れるとライブも終わりかと寂しさが出てくるものの、楽曲自体の楽しさが上回ってこれを聴きにここに来たんだと満たされちゃう曲。ライブで聴くのは、高音で軽快なアレンぢが心地良い YUSUKE from BLU-SWING mix で特にアウトロの音が好きなんですけど、モノはやはり松井さん編曲が最高。サビ前に♪ダンダンと鳴らすドラムが期待感を煽ってて好き。

5位:フワフワSugar Love / ふわふわ

伊秩さん作曲のキャッチーさは改めてすごい。

補足:女子流ちゃんは、ひーのかわいい歌い出しやサビメロが好きな『White Snow』や、明るいダンスチューンの新曲『ミルフィーユ』、高音が気持ち良い『Reflection』も好きだし、いっちゃえばみんな好きです。ただ、深海が群を抜いてたかなと。見たかった、聴きたかった、求めていた女子流がここにあると思いました。

BABYMETALは他にも『THE ONE』とか、『NO RAIN, NO RAINBOW』、ギターがたまらない『シンコペーション』が好き。

ふわふわは、おはスタで『フワフワSugar Love』歌ってるの見て、はるるのかわいさについCD買いました。その後も一応買ってますが、やっぱりフワフワがダントツ。

LoVendoЯ、ちょっと今年は弱かったかな。卓偉さん曲が好きなんですけど、れいなたんがあまりロックを好きぢゃないのもあって難しいところ。あの高くてかわいい繊細な声でロックを歌うところがいいのにぃ。

その他、わーすたを初めてちゃんと認識して少し曲聴きました。「♪トリケラトップスつよーい~」というフレーズだけは知ってて曲名知らなかったんですが、改めて聴いてもやっぱりあのフレーズインパクトがすごすぎてもう他が入ってきませぬ。あと、ようやく夢アドもちゃんと聴きましていいなと思ったのが『ファンタスティックパレード』、ライブで聴く時のおぎかりの「くるくるドーンくるくるドーン」が好き。(そこか

<インディーズ/地方アイドル楽曲部門>

1位:Music Lovers / アイドルネッサンス

初めて聴いた時になんつーセクシーな楽曲だと思いました。アイルネちゃんが歌うにはまだ早いような気がするなか、幼い声の女の子が歌うことで楽曲自体の持つセクシーさがより際立っているのかなとも思います。しかし、理子ちゃんのボーカル、あれはCDでもいいけど、生で聴いてほしい。空間を揺るがすあのボーカルを是非一度ご賞味頂きたい。

2位:トラベラーズ・ハイ / アイドルネッサンス

今年の夏はこの曲とともに過ごしました。新メンバーとして入ったずぅさんとゆめたを見に行った7月のタワレコ錦糸町で聴いてもう一発でハマリ、リリイベはできる限り行って、ライブでもTIFでも、そしてもちろんCDでも聴きまくりました。イントロだけでもう幸せいっぱいなのに、Bメロ終わりの期待感、サビの楽しさ、間奏での理子ちゃんのフェイクに、大サビ前ソロのボーカルの気持ち良さ。野外で聴くとさらに高揚感あって、心地良さが段違いに増します。最高。

3位:TONDEKE / OnePixcel

今年の幕張@JAMで元エッグの田辺奈菜美ちゃんことたなぴょん目当てに初めて OnePixcel を見て即座にたなぴょんかわいいとなったのは当然として、楽曲もそこそこいい感ぢだったし、もう一回見たいと思って先日の池袋噴水広場へ行ったら普通にCD買って今鬼リピしております。心地良いシンプルなリズムもさることながら、そこに若くて澱みのないかわいらしい声が素直に載ってて好印象。繰り返し聴いてると何気に癖になります。生歌はもうちょっとがむばってほしい感があるけども、その辺の成長を見てみたいと思わせてくれるものがありました。

4位:Sugar White / キャラメル☆リボン

楽曲大賞ならば、やはり入れておきたいキャラリボちゃん。4曲から選ぶならこれ。3人の綺麗なハーモニーにただ聴き惚れます。

5位:君という仮説 / アップアップガールズ(仮)

汗が滴り盛り上がるパーティーソングが多いアプガちゃんの中で、どちらかというと体よりも心が踊るような楽曲。なんか幸福感があります。

補足:インディーズはもうアイルネちゃん一色になってしまう感があったので上記2曲に絞りました。順位付けは難しいけど、『シルエット』『君の知らない物語』『ベステンダンク』『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』『STILL LOVE HER (失われた風景)』など、もう枚挙に暇がないというか、ほぼ全部良くてどうにもなりません。名曲ルネッサンスなんですから楽曲の力が凄まぢいのは当たり前ですけども、それをちゃんとアイドルとしてルネッサンス(再生)してるのですから、あの子たちはすごい。

キャラリボちゃん、若くエネルギッシュに弾けてた今までよりも歌そのものに比重を置いた楽曲に移行してるような印象。個人的にはもっと笑顔弾けるあまちゃんボーカルが聴きたい。『Triple Candy』のサビメロディー好き。

アプガは『青春の涙』『Future & Past』が候補でした。何気に『Abyssal Drop (Akari Saho Vocal Ver.)』がものすごい好きなんですけど、多分に佐保ちゃんソロの補正が入ってる気がしたので外しました。

つりビット、今年は個人的にヒットはなかったかな。悪くはないんですけど、ハネる曲がなかった印象。

Bitter&Sweet、楽曲どれも好みでいいんですけど、『月蝕』大好き人間としてはあの路線のものが欲しいのです。あさひさんは曲によって色々声色を変えて歌ってて『オレンジライン』なんかのかわいい声もいいけど、『ハレルヤ』辺りの芯の強い声のほうが好きかな。『DREAM GIRL』の♪チュルリラ~が大好きです。以上。

<アルバム部門>

1位:アワー・ソングス / アイドルネッサンス

いわずもがな。全楽曲が素晴らしい。まさにわたしたちの歌。待ち望んでいた『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』音源化もさることながら『初恋』が入ってる時点でもう優勝。楽しさしかない『YOU』から始まり、バラードや盛り上げ曲を散りばめつつ、中盤の『17才』からフルスロットルに突き進んで『Funny Bunny』で〆る構成も素敵。

アワー・ソングス

アワー・ソングス

2位:REFLECTION / 東京女子流

あぁちゃんの歌と、松井さんの編曲で女子流に入った身としては、辛い一年でありました。しかし、その喪失感はやはり女子流ちゃんでなければ埋められない。マイナスから聴き始めたこのアルバム、どうしたってフラットな状態では聴けないながらも、徐々に徐々に染み入るように良くなってきました。佳曲が並んでて俄然強めにハネる曲がないのと、低音が痺れるカッコいい曲がちょっと見当たらないのでこの位置に。

REFLECTION(CD+DVD+スマプラ)(初回生産限定盤)

REFLECTION(CD+DVD+スマプラ)(初回生産限定盤)

3位:わたしになる / 寺嶋由芙

ゆっふぃーの歌は安心して聴けます。フェスではアイルネちゃんと被ってない限り、大体行って聴きます。なので、お礼を込めて今回のアルバムを購入しました。ただ、そんな理由で買うのは失礼にあたるぐらいに良いアルバム。柔らかなアイドルポップス『わたしになる』から、正統派な『#ゆーふらいと』、楽しい『猫になりたい!』『まだまだ』、おもしろい『ゆるキャラ舞踏会』、コミカルな『いやはや ふぃ~りんぐ』、軽快なリズムポップ『カンパニュラの憂鬱』までバラエティーに富んでて聴き飽きません。 

わたしになる(初回限定盤)(DVD付)

わたしになる(初回限定盤)(DVD付)

補足:次点は、BABYMETALの『METAL RESISTANCE』。結構な人が投票するだろうということもあります。SU-METALボーカルの気持ち良さは類を見ない。ってぐらいには好きです。同ぢく次点でNegicco姐さんの『ティー・フォー・スリー』、普通に名盤。バーディア最高だわ。あと聴いたのは、Bitter&Sweetの『#ビタスイ』ぐらい。ミニアルバムですし、ビタスイにはもっと上で勝負してほしい。来年こそメぢャーにッ!

<推し箱部門>

東京女子流

f:id:azinger:20161130120552p:plain

ひーちゃんハァ━━━━━;´Д`━━━━━ン!!!!

今年もいいます、ひーちゃんのかわいさは正義! 日本のみならず、世界、宇宙で一番かわいいJK3。「Bacon」を「バコーン」と読んぢゃうJK3。誰が付けたか知らないが「天使と妖精のハーフ」とは言い得て妙。ライブで歌って踊るひーちゃんの笑顔が大好き。あの笑顔を見るために生きています。あぁちゃんの喪失感を埋めてくれるのは、やはり女子流しかないのです。ひーちゃんめいてぃんべーさん友梨ちゃんなのです。

次点はアイルネちゃん。その次にもしかしたら、OnePixcel が来るかもしれません。たなぴょんかわいいよたなぴょん。

広告を非表示にする
TOP