うしろの玉ねぎ

かわいい子を眺めていたい。

フリーライブ女子流ちゃん at ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ

f:id:azinger:20141222094311j:plain

女子流ちゃんの新曲リリース週ということで、フリーライブを見に豊洲へと行ってきましたん。

豊洲なんて、その昔コミケ行く時に使って以来です。当時にはなかったららぽーとなる施設はすぐ分かるとして、さてステーぢはどこかしらと思ったら、まさかの野外パティーン。この季節ですから、てっきり室内でやるもんだと思い込んでいたのに、シーサイドデッキはこちらという案内のまま一度入った室内から再び外へ出ると、その名の通り、海がすぐ横に見える青空が眩しい広場がそこにはありました。で、出口から少し行ったところに凹んだ空間があって階段で降りていくと、人工芝が敷かれたスペースと、奥にそこそこ広めのステーぢがあって、後ろと左右はいわゆる吹き抜けのようになってるから上からでもステーぢが観賞できるようになってました。後ろはイルネーションがあるので実際ステーぢを見るとなると辛いですけど。思ってたよりは広く、降りる階段が丁度いい客席にもなってて、そこも含めれば余裕で400人ぐらい入りそうなスペース。周りからも見られるし、これが夏だったら最高なシチュエーションなんですけど、悲しいかな、今は冬です。

取り敢えず、昼の部待ちで待機。例によって最上手女限除いて2列目に。一応、防寒装備はしてきたものの、晴れてて良かったわ。

開演時間が近付いても、この手のフリーライブでいつもあるリハが始まらず、はてと思っていたら、ちょっと問題があって遅れるとのアナウンスが。それからしばらく、女子流ちゃん登場、セイロンの衣装でさすがに上はちょっと暖かそうなセーター的なモノを着てました、そりゃそうです。でも、下は生足出しててもうご苦労様ですとしかいえません。めいてぃん脚綺麗だよ、めいてぃん。

すでに開演時間を過ぎていたので軽めのリハ、セイロンとおんなじキモチをワンハーフで。それが終わると一旦ハケて、またすぐに登場してやっとこフリーライブ開始。いきなり、おんなじキモチからスタート。いや、さっきリハで見たからやるとは思ったけど、ドアタマとは思わなかったわ。まだ会場が温まってないところだったから、気持ちがおんなじとはいかなかったよ、ひーちゃん。でも、やっぱり満面の笑顔で踊るひーちゃん見てたら、楽しくなってきたのでもういいです。ひーちゃんの笑顔があれば、それでいいです。

続いて『ふたりきり』、おんなじキモチの流れがあったのでここは盛り上がれました。リリイベらしく新曲の説明をするMCを挟んで、その新曲『Say long goodbye』と『ヒマワリと星屑 -English Ver.-』、いやー、めいてぃんの太腿が青空以上に眩しい。膝小僧のかわいさも艷やか。めいてぃんは全身どこをとってもかわいい。

再びのMCでは、次にやる曲『ゆうやけハナビ』で皆さんにやってほしいというフリの説明。お隣の知らない人と手を繋いで挙げる例のフリです。色々抵抗があると思いますがとメンバーがいうなか、さらっと「強制ではないので」と流しちゃうべーさんが素敵。もう何回もやってるからさくっとやりましたけど。アスタライトなら慣れたものです。

以上、5曲、30分ほどのステーぢでした。快晴のおかげで思いの外楽しめましたけど、ここは春夏秋に見たいステーぢだなと思いました。冬は演者も客も辛いですがな。特にここで握手会やるのはどうかと。ライブ中は動くからまだしも、握手はずっと立ったままですからどちらにも辛い。あ、さすがに握手の時はアウター羽織ってました。いつものようにスルーですが。

ちょっと押したけども12:30からだった昼が終わり、夜の部は19:00開始。なんでこんなに空けるのかしらと思ったら、どこかのレディオにゲスト出演してた模様、なるほど。その間はららぽーとで暇潰し。キッザニアの行列すごっ! と驚愕しつつ、これだけの人があのデッキにいたらなぁと思ったりなんだり。

さて、夜。すっかり日も落ちてステーぢ後方にあるイルミネーションが綺羅びやかに光るなか、観覧スペースに降りずに上手側のデッキに陣取り、上から観賞。この左右のデッキ部分から見てる人はさすがに少ないですが、下の観覧スペースと階段には昼よりも人がいる気がしました。上から見たせいかもしれません。下に降りて人に囲まれたほうが暖かいかもと思うほどに風邪治りかけの身に堪える寒さながら、昼にできなかったリハをきっちりやる女子流ちゃんを見て、奮い立たせました。同ぢ衣装ながらリハ中はさすがにアウター着てやってて、でもそのまま本番突入しても文句いう人いないと思うレベルの寒さ。

そんななか、しっかりアウター脱いで気合のライブ開始。海の向こうに揚がる花火をバックにセイロンから『追憶』へと連続バラードでしっとり。続く『Love like candy floss』ではペンライト演出をしっかりやって、『ずっと 忘れない。』、ラストはヒワマリ英語という予想を裏切るまさかの『W.M.A.D』でこれは良かった、これは良かった。とにかく動きたかったし、後ろや周りの人に邪魔にならないからがっつりフリコピして体を温めました。寒い時には動くのが一番です。満足。

ライブが終わって握手会、この寒さですから女子流ちゃんたちの体調も考えてか、皆ぞろぞろと退散してました。ここしかチャンスがない人はともかく、よほどの必死さんぢゃない限り、この状況下で握手しようとは思わないでしょう。1週間後には渋公でコンサートを控えてるわけですから、ここでメンバーに風邪を引かれては元も子もありません。というわけで、いつも如くスルーして帰宅。女子流ちゃんたち、お疲れ様でした。

ららぽーと豊洲、思いの外良いステーぢだったので夏辺りにリリースがあれば、またイベントやってほしいなと思いました。一応、明日の日曜もフリーライブありますけども、この寒さに加えて風邪気味な身で参加するのはヲタとしても社会人としても頭おかしいので回避決定。無念ではありますが。

広告を非表示にする
TOP