読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

SAYU A LOVE

しげげげにして、ちゅゆ、またの名をさゆこと道重さゆみさんの娘。在籍中としてはラストの写真集『YOUR LOVE』が届きまして、注文するのが遅かったせいで今頃になったんですけど、ちなみにアマゾソ限定表紙のほうを買いまして、先日書店にて通常版を見かけて裏表紙を見たら黒ワンピの好みな感ぢのショットで早まったと悔やみつつ、いや、アマゾソ限定の裏表紙だって思いの外いいかもしれないと一方で期待しつつ、ベリベリと封を開けてみたら残念でした。これはこれで良い背中とうなぢなんですけど、通常版のほうが好みという話で、ぐぬぬ……とまれ、

f:id:azinger:20141103050856j:plain

さゆハァ━━━━━;´Д`━━━━━ン!!!!

うだうだいってますけど、中身は大変素晴らしかったです。ヤンタンにて、さんまさんがケツ半分放り出してるやんといってて気持ちハードルが上がっていたのですが、期待通りというか、さゆにお下品なエロスを求めてないゆえにそのショットもあぁこれかと思ったぐらいで平穏無事に綺麗でかわいいさゆを堪能しました。ただただ、さゆが写っている、しかも水着姿の写真を見ているだけで十分です。満足です。

ちなみに西田幸樹さん撮影で、『美ルフィーユ』『Blue Rose』と続く三部作という位置付け。その3作の中では今のところ『美ルフィーユ』が最高峰かなと、あくまで比べればの話ですが。

肝心の中身は116Pと、なかなかボリューミー。どぅーの時は84Pと少なかったのに、30Pも少なかったのに、この差はなんなんでしょうか。再び、ぐぬぬ……となりつつ、メイキングDVDのキャプとともに、さゆのかわいさをつらつらと。

f:id:azinger:20141103050857j:plain

表紙をめくると見開きで、雲と空と美女の図。その見開きを除いてタイトルペーぢを含む10Pは、白のフリルなひらひらワンピース、二の腕辺りはシースルー。5Pめの裏太腿のラインはもっとはっきりずっと見たかった。9P、10Pの表情はどちらも良いんですけど、肩のラインと流し目の感触が素晴らしい9Pに軍配。

f:id:azinger:20141103050858j:plain

ピンクビキニにポニーテールで浜辺、12P。ヤンタンで、さんまさんに「たんこぶ」と称されたさゆのおっぱぉショットが収録。こんなかわいいたんこぶを「痛いの痛いの飛んでけー」と撫で撫でする会の開催はまだですか。(こらこら

さらに、いわゆるケツ半分放り出してるショットもここ。さゆのお尻は小さく、丸みが足りないので、そのショットではお尻よりも背中に目が行きます。8Pめの肩甲骨好き。11Pめはラインを見るのに良いショット。さゆはおへそも美しい。

f:id:azinger:20141103050859j:plain

黄色のノースリーブに花柄のスカート、4P。お花と美女がテーマなのか、どのショットもお花とともに写ってます。何の花かはさっぱりですが、1Pめはハイビスカス。

f:id:azinger:20141103050900j:plain

紺のビキニがたっぷり14P。脚がほっそいです。4Pめみたいな振り返りショットは大好物なんですけど、お尻のボリュームが足りなくて残念。ただ、ルックスは抜群。次の見開きペーぢは俄然強めに美しく、さらにめくって8Pめの表情も好物、11Pめのスタイルも見惚れます。

f:id:azinger:20141103050901j:plain

ネグリぢェというか、薄~いピンクの部屋着が4P。ここはもう最後、4Pめの肩出しからの流し目で決まり。ポスターにしてほしいし、するべきレベル。

f:id:azinger:20141103050902j:plain

濃い目のネイビーブルーなタイトワンピで、アダルトにしっとり12P。5~6Pの見開きは確かにいいショットなのですが、個人的には次、7Pめのお尻と太腿の境界線ショットが大好きです。ここばかり見て、お隣8Pめのさゆに睨まれるシチュで勝手に萌えるパティーン。(変態だ

次の見開きペーぢの裏太腿ラインと表情も堪らんのぉ、堪らんのぉ、タマランチ会長。(もうダメだ

f:id:azinger:20141103050903j:plain

アマゾソ限定表紙にもなっている白のチューブトップビキニ、14P。最初の4Pまでは上に羽織ってますが、5Pめはそれを脱ぐショットで、これがまたくぼぼん以上、きっか未満のおっぱぉが強調されてて素敵に素敵。お隣も腋全開でおいしいですし、9Pと10Pはウエストから腰にかけてのラインが好みに表現されててヨダレヨダレ状態。

f:id:azinger:20141103050904j:plain

青のニットワンピでお部屋をゴロゴロする10Pは、肩出し裏太腿エロス満載。6Pめの鎖骨、肩、わずかに見える控えめな胸の谷間の影が好き。最後の見開きペーぢの魅惑の肩ラインも捨て難し。

f:id:azinger:20141103050905j:plain

先程の部屋着衣装再び、16P。11Pめのベッドに寝ている見開きショットがお気に入り。頬と肩がくっついててポイント高く、右手と左手の位置、所作も秀逸、加えて右足の曲げ具合、完璧超人ぢゃないですか、さすがさゆ。

f:id:azinger:20141103050906j:plain

緑のチェックノースリーブへそ出しに白デニムのタイトなミニスカで、海の近くを散策といった感ぢが6P。ただただ、さゆがきれいでかわゆし。

f:id:azinger:20141103050907j:plain

個人的に今回の水着で一番好きな黒のワンピースタイプで海辺、最後の見開きを除いて12P。4Pめの振り返りショットは折角がっつり背中が空いたワンピなんですからもっと背中が見えるように撮ってほしかったところ。6Pめの岩場にしゃがんでるショットが好きで、通常版だとこれに近いものが裏表紙になっててそれが超好きなタイプなだけにもう1冊買うべきか、悩み中。

f:id:azinger:20141103050908j:plain

さゆの白い肌と黒の水着とのコントラストが美しいだけに、海に入ってるショットは周りが少し暗めなのが残念。前半はホント綺麗。これのもうちょっとハイレグバーぢョンをくどぅーに着せたい。で、前から後ろから撮りまくりたい。きっとさゆもそう思ってる……はず。だって、さゆですもの。

と、こんな感ぢの水着満載、露出もそれなりの116Pでした。

とかく、さゆがホント綺麗に撮れてて、ファンならずともずっと眺めてられるレベルで、前作前々作がお気に入りなら買って間違いなし。というか、さゆファンなら皆すでに購入済みでしょうけど。かわいさのピークが今年といってる道重さゆみ25歳、娘。卒業後はしばらく休業するとあって、これが本当にラストの写真集にならないことを願うばかりです。

広告を非表示にする
TOP