読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

Berryz工房楽曲大賞2004-2014に投票したでござる

ハロ。

つい最近まで頓と知らなかったんですけども、Berryz工房楽曲大賞なんてものがやってるではありませんか、しかも投票締め切りが今日とか、急いで投票するだけしました。

Berryz工房楽曲大賞2004-2014

10周年だからやってるのかと今更気付きつつ、コメントのほうは後から考えたので、その辺をここに書き連ねておきます。以下。

<楽曲部門>

1位:胸さわぎスカーレット

選考理由:ベリちゃんにハマるきっかけとなった思い出深い曲。楽曲としても、なんとなく春の香りを感ぢるメロディーにそれを紡ぐ音の構成、リズムが超好みで、イントロや間奏でのギターのカッコ良さ、歌い出しの前に入る吐息みたいなのとか、2番終わりの「♪ツーツクタカッタ」の合いの手? など、ここ好きと思えるポイントが多く、いつもは大概ある文句もこの曲に関してはほぼありません。みやの鼻に掛かった艶っぽい歌声と、りーちゃんの芯がありつつもかわいらしい歌声が映えまくってます。脇を固めるつぐさん、くまいちょーの歌声も素晴らしい。

2位:なんちゅう恋をやってるぅ You Know?

選考理由:胸スカでハマったことでベリの曲を遡って聴くなかで最もヒットしたのが、この曲。スペジェネの影に隠れてあまりお目見えしませんが、初期ベリ曲では一番好きでアホみたいに聴きました。この頃はまだつんくマンの単語チョイスのセンスにはついていけてたというか、むしろこのセンスは好き。速めのリズムが心地良く脳を叩いてくれた後に、りーちゃんの幼い声が脳を揺らしてくれます。「♪かーなたー」。あと、熊井ちゃんの「♪かーなたー」の後の音が超好き、コーラスも好き。そこからの畳み掛けるサビメロで脳が麻痺します。

3位:グランドでも廊下でも目立つ君 / 須藤茉麻熊井友理奈

選考理由:熊井ちゃんの特徴ある声が存分に活かされたアイドルポップ。熊井ちゃんの声を上回ることなく、しっかりと引き立たせるまぁさんボーカルも絶妙で、ぽわぽわとした雰囲気ながら響く高音のキーボードとのマッチングも気持ちいい。

4位:マジ グッドチャンス サマー

選考理由:c/w に名曲有りといわれるベリの真骨頂ともいえる傑作。爽やかなメロディーにかわいらしい歌詞、イントロや間奏でのりーちゃんのセリフ、これこそがアイドルであるといいたくなる強い説得力を持った楽曲。

5位:フラれパターン

選考理由:同ぢく c/w から。イントロから期待を持たせてくれる音に加え、王道の恋愛歌詞が極上にマッチした怪曲。知らない人はもったいない。

補足:次点に揃うのは、とにかく音の作りが大好きな『恋の呪縛』、脳に響く『愛のスキスキ指数 上昇中』、リズムが心地良い『サクラハラクサ』など。などの中には当然スペジェネも含まれてます。音、つまり演奏された音だけは好きという曲は多いんですけど、つんくマン書くところの歌詞は全く相容れないので曲と歌詞がマッチしないと、もしくは歌詞がスルーできるレベルのものでないと好きな曲上位に入ってきません。特に最近のものは。

そういう意味で『cha cha SING』はものすごく惜しい。曲は大好きなんですけど、歌詞が……同ぢ意味で『Loving you Too much』も。ライブではもちろん楽しいですけど、純粋に楽曲として考えると惜しい。『ジンギスカン』はMV部門で1位としたので、ここでは外しました。

<MV部門>

1位:ジンギスカン

選考理由:曲の賑やかさそのままに、ベリのベリらしさ、楽しさ、おもしろさをぎゅぎゅっと凝縮した最高峰MV。これを見て楽しくならない人は病院行ってくださいというぐらい、これが楽しさというものだと力説したいぐらい、素晴らしいMV。

ちなこのバット振ってボールの行方を見るとこ超好き。ホント、ちなこは昔からずっと変わってない気がします。つぐさんもまだこの頃はアイドルでした。(注:今もアイドルです。

IQサプリが懐かしい。

2位:胸さわぎスカーレット

選考理由:ハムたんが超絶にかわいくて、特にリップを塗ってからの「ちゅっ♡」のシーンは魂持っていかれました。もう何度見たことかしれません。振り返って今見ても超絶萌えるというか、求めてるアイドルの理想の形かもしれないほど、かわいらしさに溢れてて、色々こぼれてきます。ピンクのフリフリトップスに赤い袴の衣装といい、イントロでの脚を左右に振るフリといい、サビでの赤袴を持ち上げるフリといい、お化粧するシーンといい、どれをとってもかわいさ100万点の完璧なMV。

この頃にソロ Ver. があったら、多分今もハムたんに萌え悶えていたかもしれません。黒髪ショートカットハムたん激萌え!

3位:ライバル

選考理由:小道具が秀逸。お金がなくてもこんなに見てて楽しいMVが作れるんだという良い見本。お涙ちょちょぎれるではなく、ちょぎれるハムたんのかわいさに優るものなし!

補足:他には『ROCKエロティック』、『WANT!』、『ゴールデン チャイナタウン』、『ああ、夜が明ける』、『私の未来のだんな様』が候補になるんですけど、全部みーやの二の腕肩腋鎖骨背中太腿が素晴らしいという感想で、『cha cha SING』もみーやの太腿とおへそが(以下略 といった感ぢなので、残念ながらランクインならず。

<アルバム部門>

1位:4th 愛のなんちゃら指数

2位:5(FIVE)

3位:第②成長記

補足:アルバムはもう4th最高の一言です。この時が最もベリちゃんにハマってました。5の時にはもう落ち着いて、まいまいに移行してる時期。(えー

順位は好きな曲が入ってるかどうかで決めてますので、特にひとつひとつコメントはありません。

<推しメン部門>

清水佐紀

選考理由:『大人なのよ!/1億3千万総ダイエット王国』のシリアルイベントでその姿を拝見して、改めてやっぱりかわいいぢゃまいか! と気付き、惚れ直しました。

ここ最近は夏焼雅さんの二の腕肩腋鎖骨背中太腿の魅力に骨抜きにされてますけども、やはり推しといえば「ハムたん」であることを再認識した次第です。まいまいカラーの黄色ですし。(そこか

いやもう、全て好きといえば好きなのは当然として他人からどこが好きなの? と聞かれたら、即座に「笑い声!」と答えること必至。レディオであのコロコロと笑う声を聴くだけで幸せになれます。その笑顔も自然と浮かんできます。そういう仕様です。しゃべり方、笑い方がめっちゃ好き。愛してる。

その愛も茶髪にしてからはすっかり薄れていってしまったものの、最大のライバルであるまいまいも茶髪になったので差は縮まりつつあります。ダイエット王国のMVで黒髪ぱっつんツインテールにしていた影響は否定しません。黒髪バンザイ! ツインテールバンザイ!

f:id:azinger:20140325030010j:plain

ハムたんハァ━━━━━;´Д`━━━━━ン!!!!

ちなみに2推し、いわゆるセカンドラブは当然のようにエロス番長・みーやです。茶髪なのにっ!

f:id:azinger:20140325030011j:plain

みやハァ━━━━━;´Д`━━━━━ン!!!!

エロスの力、恐るべしっ!!

TOP