うしろの玉ねぎ

かわいい子を眺めていたい。

理子ちゃんのご謙遜と、アイルネちゃん at 渋谷タワレコ CUTUP STUDIO

FWVGA用待受

アイルネちゃんのニューシングル『夏の決心』の発売日である今日、リリイベ参加のため有休取って、渋谷くんだりしてきました。

まずはCD自体を買って入場券をゲットせねばとタワレコの3Fへ。黒宮れいちゃんのユニット・LADYBABYの『ニッポン饅頭』のCDが並ぶ棚を横目にレぢを見たら予想だにしない長蛇の列があって何事かと思ったら、いわゆるフラゲ日現象のようで、いつも土日祝日のスカスカレぢしか知らない身には初めてを経験中ばりの経験。店員さんが他の階でも精算できますとアナウンスしてましたけど、こちとら予約商品で3F引き取りと書いてあるから他の階行けないのねーんと恨めしくも一応早めに来といて良かったと思いながらの30分、ようやくCDと入場券を入手。

と思ったら、特典券も、さらには生写真も付いてきて、あらいやだ、お得感。ちなみに写真はバタ子さんでした。理子ちゃんではなかったけど、バタ子さんなら十二分にOKと懐に。交換したくても理子ちゃんぢゃ多分無理でしょうし。

整理番号は100番近辺と思ってたよりは良くて、最悪この会場だけに全く見えないことも想定してたので、ほくほくと再び今度は入場列に並びます。しばらくして入場開始、女子流ちゃん以外では初めて入るゆえ、最前の女限エリアがないのは新鮮。下手ややセンター寄りの4列目ぐらいにポぢショニングして、なんとか理子ちゃんのかわいいお顔を頭の隙間から見えればと思ってたんですけど、これまた意外としっかり見えてしかも女限ないから近くてもう理子ちゃんの笑顔が眩しくて、そのかわいい顎から滴り落ちる汗まで見えて、もう満足です。ありがとうございました。

セットリストは以下。リリイベでアンコールがあるなんて、これまた初めてを経験中。

初手から『Dear, Summer Friend』がきてテンションマックスです。何回聴いてもいいわ、この曲。サビのフリも楽しい。もう覚えました。

2曲終わってMC、観覧フリーの会場ではないからか、ちゃんとキャッチコピー付きの自己紹介。比嘉さんのダぢャレは、隣のバタ子さんにキスするフリをやってもらっての「キスをする気ッスか」。下手側にいたのでバタ子さんのキス顔が見られなかったのは残念。その後、Dear, Summer Friend の歌詞について熱く手振りを交えて語る理子ちゃんがウザかわいかったです。あの熱量でメンバーにも話してるのかと思うとそのメンバーには同情を禁ぢえませんが、歌詞好きとしてはその気持ちが非常に良く分かるので、理子ちゃんと歌詞について語る会を開催してほしいです。歌詞語る前に、理子ちゃんのかわいさを語ってしまいそうですが。

『夜明けのBEAT』『ガリレオのショーケース』は初見。原曲も知らないです。両方とも盛り上がり系というか、夜明けのBEATは如何にもなロック、ガリレオはサビでヘドバンがあったりと激しくて、これは覚えると楽しいライブ曲といった感ぢ。会場の盛り上がりも半端なくてちょっと面食らいましたが、理子ちゃんのヘドバン見ながらノリました。夜明けのBEATは結構好きな曲かも。もっと聴いてみたいところ。

そこからさらにドカンと打ち鳴らせに続くもんですから忙しいったらなくて、理子ちゃん眺めるのも大変です。いいつつ、最近ようやくバタ子さんや乃亜さん観賞したり、古宵ちゃん、茉凜ちゃん、比嘉さん、橋本さんも見えるようになってきました。

たっぷり盛り上がってからのMCでは、乃亜さんの「大大大大大大(中略)大重大発表」として、初のワンマンライブ開催をアナウンス。おーッと思ってたら、まさかの日付が10月4日……いや、その日は彩未ちゃんのバラードライブの日ぢゃないですか。もう当選してお金も払ってて……い、行けぬ、行けぬわーッと心で涙を流しながら、嬉しそうなメンバーを見つめるしかありません。う~む、こんなところで被るとはまさかだわ、無念。

最後は『夏の決心』、楽しい曲でこれも大好き。サビ最後で古宵ちゃんがほっぺ膨らませて決める、あの顔好き。

告知してメンバーが捌けたら即、アンコールの声が起こってリリイベでアンコールとはこれ如何にと思ってたら、ちょっと間を置いてまたメンバーが出てきて『17才』を熱唱というなんですか、この素敵すぎる展開は。CD1枚でこんな大サービスされたら、次も来ないといけないぢゃないですか。いや、ワンマンは行けないですけど。(涙

という全8曲、1時間弱のリリイベでした。

で、普段は特典のお見送りはスルーしてるんですけど、今回はライブ入場券と一緒に特典券も付いてくる仕様でどうしたものかと散々思案した後、理子ちゃんにこうこうこういう理由でファンになりましたということだけでも伝えようと思って、列に並ぶことに。去年の@JAM EXPOで『17才』のCD買って券もらった時もいやいや全員に声なんてかけられないとスルーしたのに、お見送り会まで初めてを経験中になるとは、むむむ。

毎回変えてる並び順、今回は出席番号ということで新井乃亜ちゃんを先頭に、石野理子ちゃん、橋本さんと続く流れ。まずは乃亜ちゃん、非常に楽しかったです。TIFもワンマンも行きますねと声を掛けたら、普通にありがとうございますと返してもらいました。ホントはワンマン行けないんですけど、行けないことをわざわざいう必要はないのでここは敢えての嘘です。

そして理子ちゃん、去年のTIFで『初恋』聴いてファンになりましたといったら、普通に「あ、そうなんですか、ありがとうございます」なんていう返しをシミュレートしてたのに「初恋ですか、どこだ?」と、どこのステーぢで歌ったか考え始めちゃって次の言葉をかけられない状態に。でもすぐ「あ、スカイステージッ!」と思い出してくれて、「そこで偶然見たんです。理子ちゃんの歌が良くって、もう大好きです」って続けたら、顔を振りつつその前でさらに手も振りつつの「いやいやいや、そんなそんなっ」と謙遜する様がもうかわいくてかわいくて、ぎゅってして頭なでなでしたい衝動に駆られてどうにかなりそうでしたが、なんとか踏ん張って橋本さんに流れました。(背中をトントンされたともいう

橋本さん比嘉さんには先週行った定期公演でいなかったから今日7人揃った姿が見られて良かったですと、バタ子さん、茉凜ちゃん、古宵ちゃんには定形文の「楽しかったです。TIFも見に行きます」と声掛け。古宵ちゃんは最後で時間が余ったから、踊ってる時の笑顔が好きといったら、これまた笑顔の「あー、ありがとうございますっ」をもらってバイバイしました。短時間で7人と話すのは大変と思うも、本人たちはもっと大変。どうか、このリリイベ1週間を完走して、元気にTIFのステーぢに立ってもらいたいものです。

もうホント、錦糸町イベも参加したいけど、さすがにもう休めないので素直にそのTIFに期待して仕事しまっす。

夏の決心

夏の決心

 
広告を非表示にする
TOP