読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

友梨ちゃんもいるアコースティック女子流ちゃん at AKIBAカルチャーズ劇場

f:id:azinger:20150121023320j:plain

1月最後の現場となるTGSアコースティック Vol.2を堪能するために、毎度お馴染みAKIBAカルチャーズ劇場へと足を運ぶ平日の夜。

今回は190番台と前回より幾分良くなったものの、大して変わらないので久しぶりに下手へ行ってみようかと思いつつ、やっぱりいつもの上手5列目に着席する始末。前回と同ぢ最上手ながら、1人分センター寄りであまり見るほうは期待してなかったんですが、始まってみるとこれがモーセばりに斜めに頭の隙間の道が開けてて、ステーぢセンター奥に位置するひーちゃんにビンゴの如く一直線、普通なら黒い頭で見えないかわいい膝小僧までしっかり見えるという思いもよらないお導きによって俄然強めにひーちゃんロックオン発動の巻でした。

そんなことが待ってるとは露知らずに開演、前回あったあぁちゃんの前説はなく、普通にメンバーがステーぢへ。当然、友梨ちゃんも元気に登壇。良きかな良きかな。ギター担当のふくちゃんこと福原さんもぬるっと一緒に登場してきて準備、その間に自己紹介と軽くおしゃべりして早速曲へ。ちなみに衣装は変わらず、セイロンのもの。新曲の衣装がくるまではこれかな。構成は前回と一緒で、1曲ずつその曲次曲の感想や説明なんかを挟みながらの進行。セットリストは以下。

  • 1.Partition Love
  • 2.月とサヨウナラ
  • 3.ふたりきり
  • 4.Love like candy floss
  • 5.キラリ☆
  • 6.僕の手紙
  • 7.追憶(アカペラ)
  • 8.Liar

やはり友梨ちゃんがいると、ボーカルの幅が広がってよろしい。だからこそ、完成版セイロンが聴けなかったのは残念で、意外というか、てっきり歌うものだとばっかり思ってました。

とはいえ、初手からPL、月サヨと好きな曲が聴けて充足。月サヨのひーちゃんソロ「♪ビリビリと~張り詰めた空気~ 破り~捨てて~」のとこ、もう大好きすぎるわ。ただ、それだけにその後のあぁちゃんソロが弱い。パート入りの一字目に声が載ってないのがう~むと思いつつ、ささやくように歌うパート終わりの伸ばしは好き。

『ふたりきり』では、アコースティックだから踊らないのにべーさんが笑顔で「アイ」や「ユー」のとこでメンバーを指差しして遊んでて、途中からひーちゃんやめいてぃんも少し参加してたところは微笑ましかったです。何故か、あぁちゃんに背後から近付いたりもしてたし、『キラリ☆』でも1人だけサビの「♪キラリ」のところで顔の位置でピースするフリをやってて、ああいうべーさんの悪ノリは大好きです。かわいいわぁ。

『僕の手紙』、前回促された手拍子がなく、しっとりと聴くパティーン。やっぱりあぁちゃんのパートの出だしがいまいち、「♪世界の誰よりも~」のとこはもうちょっとがむばって。ただ、パート終わりの短めの伸ばしは気持ち良い。あそこは好き。

『追憶』、今回はアカペラで。めいてぃんとひーちゃんは歌う時、声を抑え気味に出してて、あぁちゃんのボリュームに合わせたのかなんなのか。めいてぃんは抑えすぎというか、最初マイク入ってないのかと思ったぐらいで、ちょっとバランスが悪かったような気がします。でも、そのおかげかどうかは分かりませんが、あぁちゃんボーカルが引き立ってて、こういう声を張らずに歌い上げるタイプだとハマるのかなーと個人的感想。

この後のMC、「曲以外のことを話そうよ」と隊長がリードする形で、ひーちゃんが最近ハマってる商店街をぶらり旅というか、食べ歩きするお話に。ひーちゃんが「こないだ谷中(たになか)銀座に~」と話し出してしばらく、「谷中(やなか)ね」というツッコミがきた時の笑顔がもう素敵にかわいくて頭なでなでしたいです、ねえ先生、この壁はなんのためにあるのか、教えて。

そこから川崎大師に行ったあぁちゃんのお土産「とんとこ飴」の話へ流れて、まとめに入っためいてぃんの次の曲がラストですという言葉に客席から軽い「え~」が響くと、すかさず友梨ちゃんが「うっすらとした”え~”、ありがとうございます」と返してきて爆笑。観客のリアクションに対しての、友梨ちゃんのこういう返しコメント大好きです。

そして、最後の曲を演奏するために出てきたふくちゃんさんに、ひとつだけ質問いいですかとべーさん、「Sですか? Mですか?」。もう隊長好き♡

ここまで7曲全て前回やっていたものだったので最後はセイロンかなと思っていたらラストは『Liar』、アコースティックでは初です。原曲が抜群なのでもう少しアレンぢ効かせてもいいんぢゃまいかと思ったりもしましたが、良い仕上がりではあります。こういう形で1回ごとに1曲ずつ新しい曲を追加していくパティーンなのかもしれません。〆のMCでは、次の公演で女子流楽曲以外のものに挑戦しますといっていたので、楽しみだなーと思うところなのですが……

ちょっとのっぴきならない、というほどのものでもないんですけど、事情ができて次回以降行けなくなってしまいました。悲しいわー、悲しいわー、人生何が起こるか分かりません。こればっかりはどうにもならないから仕方ない話で、最初から行けない人のことを思えば十分楽しんだわけですから良しとします。今後のライブは全て行けなくなるわけでもなし、行けるその時を楽しみに今を生きます。いやん。

TOP