うしろの玉ねぎ

かわいい子を眺めていたい。

中江と小西の大阪音楽祭 第3回 at AKIBAカルチャーズ劇場

f:id:azinger:20141105022654j:plain

なんだかんだ、3回目の参加となる小西の音楽祭に行ってきました。

番号は170番台と良くも悪くも変わらず、入場したら前回よりもまだ少し余裕のある感ぢだったので、5列目のお馴染み下手に位置。前回、照明が酷くて見えづらかったところより1列前に行っただけなんですけど、その照明はギリギリ目に入るか入らないかで、前と大して変わってないところをみると、こういう照明なのでしょう。入場時、いつも上手下手に座ってる人がいない理由が良く分かりました。ただ、前回ほど直撃ではなかったので十二分にあぁちゃん友梨ちゃんを堪能できました。

さて、開演。黒ワンピに黒タイツ、赤リボンといった完璧に魔女宅のキキふうな衣装に身を包み、さらには脚の間にホウキまで挟んで登場したあぁちゃん、でらかわゆし。歌うのは『ルージュの伝言』。そりゃそうだと思うしかない選曲。というか、これありきの衣装。良くまとまってたけど、ちょっと置きにいってるところあったかな。

そのまま『少女A』、言わずと知れた中森明菜さんの名曲。当然知ってますし、その当時、聖子ちゃんより明菜派だった身としては嬉しい限り。思いの外、いい感ぢに歌えてました。「♪少女A」の「A」の部分のロングトーンがなくて物足りなかったり、高音の気持ち良さがなかったりでしたけど、声質的にはイケるかもしれません。次に明菜選曲する機会があれば、是非に『難破船』歌ってほしい、低音ウィスパーヴォイス!

MC、ちょこちょことホウキを片すため袖に行き、水を持って帰ってくるあぁちゃん。改めてゆっくり見ると、この衣装きゃわきゃわ。

次はバラード宣言し、歌ったのは『Flavor Of Life -Ballad Version-』。宇多田ヒカルさんの曲らしいですが、宇多田さんはほぼほぼ聴いたことがないので分かりませんでした。超有名な曲しか知らないというか、いや多分これも結構有名なんでしょうけど、帰宅してから知りました。それはともかく、2~3点ちょっと現実世界に引き戻される場面はあったけど、概ね良好でした。その後のMCによると、昔通っていたピアノ教室の発表会か何かでこの曲の弾き語りをやって、それからみんながマネして弾き語りをするようになったあぁちゃん伝説なるものがあるそうな。いつか、弾き語りが披露できたらいいなといってました。『マノピアノ』ならぬ、『アァピアノ』?

お次は明るく盛り上がろうということで『POP STAR』、何か聴いたことあるなぁと思っていたら、平井堅さんの曲でした。会場にいた時には思い出せず。続けて、音楽祭では定番になりつつある『Connect』。ちょっと裏返りがあったけど、大分歌い慣れてきたのか、最初に聴いた時より安定感がありました。

ここでMC、女子流に入るまではバラード専門で女子流に入ってから色んな曲を歌うようになったこと、これからも色々な曲に挑戦していきたいなどと話してました。そして、いつもより1曲早くゲストの友梨ちゃん登場。

友梨ちゃんは白襟の付いたグレーのトレーナーみたいなトップスに、黒チェックの何スカートですか、サロペットみたいに肩紐で吊るすタイプのヤツ、フレアぢャンパースカートでいいのかしら、良く分かりませぬ。ファッション難しいッ!

そんなかわいらしい服装で歌うは持ち曲の『Day By Day』、2月のマルチネイベント以来、久しぶりに聴きました。続いて聴いたことあると思ったら、広末さんの『マジで恋する5秒前』。これが元気で明るい友梨ちゃんにぴったりでした。間奏でのはにかんだ表情とか、「♪門限の~」のところでの目の見開き方とか、かわいらしくて、女子流ちゃんの現場来て初めてといっていいぐらい友梨ちゃん凝視。いや、ステーぢ友梨ちゃんしかいないんですけど。

広末さんは憧れと話すMCを挟んで友梨ちゃんタイム最後は『明日も』、大原櫻子さんの曲。この身を含めて皆さん知らない曲なのか、1番では手拍子が微妙で、しかしながら2番では友梨ちゃんの煽りもあって手拍子が心地良く響いて盛り上がりました。演者の誘導大事。

再びあぁちゃん登場し、大阪コンビのMCを期待したのですが、2人とも緊張してる上、覚えてきた歌詞を忘れちゃいそうだからなのか、さくっとコラボ曲へ。『とびらを開けて』というアナ雪の劇中曲でミューぢカルふうになってるらしく、小芝居するからその辺微笑ましく見守ってくださいと中江さん。確かにミューぢカルちっくでした。あぁちゃんが低音の男役、友梨ちゃんが高音の女役で掛け合い、軽くセリフもあり、ハモリもあって、最後はあぁちゃんの「結婚してください」、友梨ちゃんの「もちろん」で〆。これはホントに微笑ましい。この2人ならではこそというか、直後のMCで初めてちゃんとやったね~とか、心からもちろんと思ったよ~とか、わちゃいちゃしてたのを含めて、なんかいいもの見せてもらいました。

友梨ちゃん退場後、あぁちゃん1人でラストもう1曲。友梨ちゃんの登場が早かったのは構成を変えたからでした。そのラスト曲はポルノグラフィティの『アポロ』、いやはやまさかこれが来るとは。バリバリ好きな曲な上、あぁちゃんもはぢけちゃってはっちゃけてて楽しそうで、一番高いところで「うきゃー」ってなってたけど、あんな楽しそうな笑顔見たらこっちも自然と笑顔になります。やっぱ歌は気持ち良く歌ってこそ。

ラストMCでは、前回しっとり系だったので今回は盛り上がる曲多めにして、ずっと中央に突っ立って歌っていたのを反省してステーぢ左右に視野を広く持って立ち回るようにしたとか、色々試行錯誤してやってることなどを話しておりました。実際、ステーぢの左右は良く使ってて下手にも結構来てくれたのであぁちゃんが良く見えました。まだ前後左右上下、ステーぢ全体を空間として使えきれてない感ぢでしたけど、成長の跡はありました。それに今回はナツメロが多く、知ってる曲、しかも好きな曲が多くて、いつもより存分に楽しめました。『アポロ』歌えるなら、次は『サウダージ』か、『アゲハ蝶』を期待しちゃうわ。案外、男性ボーカル曲のほうが合ってるかも。

そんなこんなほくほくの1時間、握手は今回もスルーなのでさくっと退場したら、なんか大入り袋をもらいました。ソールドアウトした1回目も前回ももらってないし、それほどギュウギュウでパンパンな感ぢもしなかったけど、そこは置いときます。次回ゲストはいよいよボス的登場となるリーダー・めいてぃん、是非に星のカチューシャ付けて『Kawaii Rave』歌ってほしいっ!

広告を非表示にする
TOP