読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

ひーちゃんと小西の音楽祭 第2回 at AKIBAカルチャーズ劇場

先々週に行って良かったので再び行ってきました、小西の音楽祭、2回目。

ひーちゃんゲストということで落選を恐れていたものの、番号はかなり後退の210番台でしたが無事当選し、良きかな良きかな。入場したら、すでにパンパンで行き場所は端っこか後ろしかなく、6列目の椅子席最下手ブービーに座りました。しかし、これがまた困ったことにこの席、ステーぢ上方に設置された照明がスポットライトよろしくガツンと照らしてくる場所で、かなり強めの白ライトが目に眼球にガシガシお構いなしに入ってきて、ステーぢが見難いことこの上ありませんでした。一瞬だけならいいんですけど、終始ずっと動かず、照らし続けてくるもんですからスタッフにいおうかと思ったぐらいに酷い照明でした。終演後にライトが強くて~と会話してた人が見受けられたのでこの席だけぢゃなく、他にも酷いところがあったようですから、素人さんがやっていたのかもしれません。次回は改善していただきたい。折角のステーぢが見えないのでは観客はもちろん、見せるためにやっている演者もかわいそうです。

ただ、残念だったのはそのくらいで内容は今回大変良かったです。

さて、開演。シンプルな黒のワンピドレスに同ぢく黒のニーハイというシックな衣装に身を包んだあぁちゃん登場、髪もゆるふわに巻いててかわいらしい。まずは前回も歌った『Connect』から。なんとなく聴いたことあるけど、曲名は全く思い出せませんでした。無難な立ち上がり。

最初のMCでは、この公演について語りました。歌で悩んだこと、上京して良い先生に出会えたこと、自信を持って歌えるようになったことなど、あぁちゃんの決意が聞けて、あぁ、やっぱりこの子は見守りたいと思いました。

そんな決意表明の後、AIさんの『Believe』と、プリプリの『M』を披露。帰宅してからスタッフのツイートを見ると、『M』はつるの剛士さんのカバー Ver. かららしいです。オケはもちろんでしょうけど、キーが違うのかしら。この2曲では声が良く出てて『Believe』のサビの部分は良かったし、『M』でも強弱付けてて声を張るところでもブレずに歌えてました。

次曲の紹介MC、恋愛の歌をどうやったらみなさんに伝えられるか考えてアカペラで歌うことにしましたとのこと。仕事上、恋愛は片想いどまりなのでと、はにかみながらいってたあぁちゃんきゃわっ!

そのHYさんの『NAO』を歌う態勢に入るものの、なかなか歌わないのでどうしたのかと思ったら、緊張から最初の歌詞を℃忘れした模様。「ちょっと待って、思い出す」と必死に脳内を探索するあぁちゃんの姿もかわいくて、そんなご愛嬌もありーのしたアカペラ、心意気は素敵ながらもうちょっとかなと辛口に。声の通りなのか、言葉の紡ぎ方というか何なのか、伝えたいという歌詞がちょっと入ってこない感ぢ。悪くはないんですが。

続いてスキマスイッチさんの『奏』、こういう良いメロディーに載ると映える声なんですけども。この歌終わりで鼻水が止まらないと一旦袖にハケるあぁちゃん(笑

戻ってきて最後の曲は、Kiroroさんの『Best Friend』。歌う前のMCにて、上京してからできた大切な友人に向けて歌いたい旨など。その友人は前回来てたけども、今回は来ていないので思いっきり歌えますとか、目の前にいたら恥ずかしいのは分かりますけど、あぁちゃん正直。そして、こちらも歌詞を伝えたいからとアカペラで。さすがに知ってる曲ですから歌詞はしっかりと聴こえました。いい歌。

さて、ここであぁちゃんソロは終了し、ゲストのひーちゃん登場。チェックのシャツに黒のサロペットスカート、加えて黒タイツという、何このかわいい生物。しかも歌ってる時、サロペットの肩紐がズレ落ちてきてそれを直すひーちゃんのかわいさなっ! ひーちゃんのかわいさなっ! 2回いいました。

今回はしっとり系が多かったから、ひとみが盛り上がるの歌ってくれますといったあぁちゃんに、「ん?」って表情するひーちゃんかわいすぎたっ! かわいすぎたっ! 2回いいました。

そんなかわいいひーちゃんソロ、1曲目は中島みゆきさんの『糸』。こんな渋い名曲を持ってくるとはイカすわー。ひーちゃんは声の通りが良くて、歌詞がしっかり聴こえてくるから脳に心に刺さってくるのが好きで、特にサビのところは脳が震えるぐらい良かった。これは音源欲しい。

2曲目は『恋のつぼみ』、倖田來未さんのカバー。直後のMCによると、小さい頃やっていた新体操の課題曲だったそうで思い入れがあったので歌いましたとのこと。ノリの良い楽しい曲で、ステーぢを広く使い、軽めのフリをしながら、その笑顔を客席いっぱいに振りまいてました。そんなひーちゃんの満面の笑顔を見て「かわいい」と何℃も漏らしてしまったのは通常運転です。

最後はトーフさんとのコラボ曲『Come on! honey』、盛り上がりーのなんですけど、着席なのが惜しい。スタンディングで聴きたーい!

3曲とも素晴らしかったんですけど、期待してた『Sexy Sexy,』がなかったことだけが心残り。原曲大好きでそれを大好きなひーちゃんが歌うとなれば、やはり生で聴きたいもの。お寺でホラーライブには当然のように行けなかったから、ここに期待してただけにむむむ……今後、どこか機会があるかしら。

そして、再びあぁちゃん登場し、2人でVOICEさんのカバー『24時間の神話』を披露。前に歌ったことがあるらしいのですが、情弱の緩いファンなので知らず。2人、ステーぢ中央で見つめ合いながら歌います。1番はひーちゃんが主旋律であぁちゃんがハモリなのですが、ひーちゃんパワー(声量)が強いなといった印象、ただ2番、攻守交代であぁちゃんが主旋律になると、あぁちゃんも負けてませんでした。ここは良いバランス。最後は2人でハモリ、どうかなと思いましたが、堂々たるもので十分なツインボーカルぶり。ロングトーンでのブレもなくて、綺麗なものでした。これも音源欲しい。

そんな素敵空間1時間。

あぁちゃんは前回と違い、あまり手持ち無沙汰にならずに歌えてて成長が見えるものの、今回はひーちゃんがいたことでエンターティナーとしての差も見えて、あぁちゃんがんば! と思ったのも事実。しっとり系の曲が多く、歌に集中していたとはいえ、ステーぢが使えてなくてオーディエンスへのアピールや気配りも足りなかった印象。この辺は次回以降での課題かも。ちょっといっぱいいっぱいになりすぎてるのかもしれません。本人自身が気持ち良く楽しくステーぢングできるといいんですが。あと、女子流の歌姫2人ということもあって歌は素晴らしかったものの、2人MCはちょっと物足りない感ぢ。前回のべーさんが良かっただけなんですけど。CD予約で握手あるよという告知もひーちゃんのハケ際に思い出して告知してたほどで、客が帰り始めてからS竹さんが出てきて少し補足してたのには、まぁなんからしいなと思いました。

その握手のほうはスルーしました。

情弱ゆえ公演前に知らなかったこともあり、一応予約ブースを覗いたら人がいっぱいで盛況のようだったので、それならこの身がでしゃばる必要もなかろうと思いまして。個人的にはひーちゃん他、天使のようにかわいいアイドルちゃんの網膜に、このような汚らしい気持ち悪いおっさんの姿など映したくないと考えてまして、LIVEとセットになってるならついでですし、たまにはその麗しいお姿を近くで拝見したい欲求がありますからしますけど、なるべくならこの存在自体を認識してほしくないので女性子供筆頭に他のちゃんとした方々にお任せします。あの私服ふうなかわいいかわいいひーちゃんの姿を間近で眺めたかったけど、眺めたかったけどっ! 歌の感想を伝えたかったけど、伝えたかったけど……それはTwitterでやります。

f:id:azinger:20141022025416j:plain

ひーちゃんハァ━━━━━;´Д`━━━━━ン!!!!

それからそれから、今回は選曲が好みでした。盛り上がりには欠けるものの、ゆっくりあぁちゃんボーカルが堪能できて満足。ひーちゃんの『糸』には震えましたし、どの辺までカバーできるのかは良く知りませんけど、井上陽水さんの『氷の世界』とか、THE ALFEEの『木枯しに抱かれて』とか、accessの『REAL AT NIGHT ~眠れぬ夜の向こうに~』とか、T.M.R.の『THUNDERBIRD』とか、奥井亜紀さんの『ハジマル』とか、2人に歌ってほしい。(完全に趣味

あ、S竹さん説明によると、次回のゲストは中江さんとのこと。思わず、大阪コンビのMCに期待しちゃったのは内緒。もう2回見れちゃいましたし、次回からどうしよと思うものの、あぁちゃんの成長を見守りたいので申し込むだけ申し込んで当選したら行く方向で。

TOP