うしろの玉ねぎ

かわいい子を眺めていたい。

女子流ちゃんSPライブ at TSUTAYA O-nest

f:id:azinger:20140813052315j:plain

そんなこんな、女子流ちゃんのシングルアルバム連動特典のスペシャルライブに行ってまいりました。会場の O-nest は初めて行くところ、ここは女子流ちゃんが初めて人前でライブをやった思い出の場所とのこと。

その O-nest は、O-WEST の入ってるビルの6F、TIFのスカイステーぢよろしく、移動手段が2機のエレベーターのみ。こういう会場で移動手段としての階段がないというか、当然あるけど多分使えないのはセキュリティ面からなんでしょう。そのエレベーターも定員6名なのに、何故かスタッフさんが4人ずつ入れるもんですから進まないこと進まないこと。特に帰りが大変でした。これも何かしらの理由があるんでしょう。で、上がった先の6Fが待機場所で、下の5Fがライブ会場という構成。会場自体はやはり狭く、キャパシティは250人とのこと。ステーぢ自体の高さは50cmぐらいで、最前がめっちゃ近く、手を伸ばせば届くレベル。この近さで見られる人が羨ましい。そのステーぢ幅、人が横に10人並べるぐらい、最前から8~9列いけるかどうかのエリアがフラット面、それをぐるりと囲むように段差があり、最後方にドリンクバーが設置されてました。最上手下手の上段エリアはギリ3人立てる幅で、ステーぢ前方左右にデカいスピーカーがあるためステーぢに近付くほど死角が増え、見えるエリアが狭くなっていくのでさすがにここの最前辺りはエアポケットになってました。

ちなみに整理番号70番台、入場したらすでに下段は3列ぐらい埋まっててステーぢの低さから顔しか見えないかもと思って、最上手の上段に移動して柵ポぢしている2人の頭の間から覗くことにしました。

開演したら、まずS竹さん登場。セットリストについて言及。こういうスペシャルな場なのでやってない曲をやろうと思ったら、最近は結構アルバム曲もやってるから、特に何もないあまり考えてないセットリストになりましたとの弁。色々いわれてるんでしょう、大変です。メールやTwitterなどで噛み付かれたりした時は一読して捨てますとのこと。(笑

そんなセットリストは以下。

  • 1.キラリ
  • MC1
  • 2.Love like candy floss
  • 3.Chim Chim Cher-ee
  • MC2
  • 4.十字架
  • 5.existence
  • MC3
  • 6.Count Three
  • 7.GAME
  • MC4
  • 8.Get The Star
  • 9.おんなじキモチ

女子流ちゃんたちは、白黒の十字架衣装で登場。白のトップスの背中に黒の十字架が刻印されてるやつです。隊長が選んだ模様。なんか女子流っぽいといってました。

1曲目のキラリが終わって自己紹介した後、めいてぃんがいきなりS竹さんを呼ぼうとして友梨ちゃん他においおいと止められて、あ、間違えちゃったと照れ笑いしてるめいてぃんギガントかわゆし!

チムチムチェリー終わりで台本通りにS竹さん登場し、女子流ちゃんたちは前方に設置されたお立ち台に立ってのトーク。このお立ち台がめっちゃ良くて、案の定スピーカーで見づらかっためいてぃんがもうホントすぐそばにいて、そのかわいいお顔が良い距離でガン見できてもう幸せ幸せ。おかげでいつものひーちゃんロックオンから、めいてぃんロックオンへの変更も可能になりました。あぁ、上手に来て良かった。

トーク内容は O-nest の思い出話、初ライブで着ぐるみ着てたとか、裏でずっと緊張してたとか、めいてぃんのお腹がそわそわしてたとか、それは今でもぢゃんというツッコミがあったり、その初ライブに来ていた人います? という問い掛けに10人ほどでしょうか、手を挙げている人が見えてすげーと思いました。女子流現場で良くお見掛けする人だったのでなるほどとも思いました。

その他、チムチムチェリーは女子流ファンが集まってるところでないと怖くてできないとか、その曲の最後に一旦間があってまだアウトロが続くんですけど、フリーやフェスならその間の時に曲が終わったと思って拍手が起きるのに今日は全くなくて、ここに集まった人が如何に濃い人たちであるかとS竹さん熱弁。さらに、お立ち台に立っても女子流ちゃんが見えないといってた最後方の人に肩車を許しますといいつつ、ホントにすると山邊に怒られるからとのたまうS竹さんの言葉に会場爆笑すると、これが分かるんだからホントに濃い人たちですと重ねて、またまた爆笑。

後、昨日のロッキンについて。めいてぃんだけはセカオワさんが見たいからと皆が車で帰るなか、1人残ってライブを見てから電車で帰ったとか、その人で埋め尽くされてめいてぃん曰く手しか見えないほど一体となった会場でできるように女子流を大きく成長させたいし、したいという話、S竹さんの「歌も大分良くなってきて」という言葉には会場拍手喝采。ホントにそうで、この日は最後に歌ったおんなじキモチでも裏返りがなくて、去年の武道館ショックからここまで戻してきたあぁちゃんには拍手しか送れません。

そんないつもより長めのMCの後は『十字架』、そして、すっかりお気に入りの『existence』の曲中にある友梨ちゃんのフェイクに対し、MCでひーちゃんが「(音が)高いよね!」と一言。そのいい方がしこたまにかわいかったことをご報告しておきます。

GAME終わり、次でラストなので盛り上がる曲やりまーすといって、始まったのがGTSなのがちょっとおもしろかったです。濃い女子流ファンは、えーなんていいません。サビではお立ち台に上って煽ってくれて、おかげでめいてぃんが近くて近くてオイオイいいながら、めいてぃん凝視してました。何ですか、あのかわいさ。お目目くりくり、ほっぺはぷにぷに丸く、黒髪ぱっつんに抜群の笑顔、こんなかわいい子がロッキン終わりに1人でバス乗って電車乗って無事帰れるなんて日本の治安に感謝。これだけ平和な日本だからこそ、世界に類を見ない独特のアイドル文化が醸成されたのかもしれません。

最後は狭かったけども、会場全体でおんなじキモチを踊って〆。ここでもお立ち台に上ってくれて、めいてぃん時々ひーちゃんを堪能。素晴らしく楽しくかわいい90分でした。さすがに明日のお寺でホラーライブは当たらなかったけど、これを見られただけでもう十分です。エレベーターが混み混みだったので、珍しくドリンクチケットでビールもらって、しばし余韻に浸ってから帰りました。満足充足。

そういえば、個人活動にも言及してて、めいてぃんだけ今のところ何もない、まだ本決まりのものがないということなんでしょうけど、それをフォローしようとしてたひーちゃんがかわいかったのと、そんなめいてぃんにはソロ水着写真集のオファーを出すよう、俄然強めに出版社に求めたいです。土下座する役なら引き受けますから、是非にっ!

f:id:azinger:20140813054923j:plain

めいてぃんハァ━━━━━;´Д`━━━━━ン!!!!

広告を非表示にする
TOP