読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

女子流ちゃん at 武道館2013

昨日は2年連続同日開催と銘打った女子流ちゃんの武道館公演に行ってまいりました。

ぴあでチケット買う時、すっかり2階席だと思い込んで通路席来たーと思ってポチったら実は1階でしたというオチがあり、J列いわゆる1階の最後列でしかも通路席でもなくなった悲しいロンリー武道館。でも、最後列だけに後ろを全く気にしなくていいのと、左2つが空席で十分にスペースがとれたため、おんなじキモチやちいさな奇跡でダイナミックに腕振って踊れたこともあって、結果すごく楽しかったです。事前に調べた通り、2階のせり出しが邪魔で立っているとスクリーンの上半分が見えなくて困りましたけども、豆粒のような大きさでも基本ステーぢを見るクチなので大丈夫といえば大丈夫。ただ上からの圧迫感はやっぱりあって、大きい会場にいるという感覚が薄れるので、そこはもったいない席だなーとは思いました。Fか、G列ぐらいまでならそこまで感ぢないかも。

さて、グッズは来年のウィークリーカレンダーのみで済ませ、入場。一応気になって2階席の入りとか眺めてみましたけども、ぼちぼちといったところ。大入り満員どころか、去年から3割減といった印象でしたけど、MCで友梨ちゃんが「(同日に)色んなアイドルさんのライブがあるなか、ここに来てくださってありがとうございます」なんてことをいってまして、いつか大入り満員の武道館でペンライトを振りたいなと思いました。

10分ほど遅れて開演。以下、セットリスト。

1.Attack Hyper Beat POP

2.W.M.A.D

3.ふたりきり

4.Liar

MC(自己紹介と、投げ捨てたハットを取りに行くひーとあぁ)

5.Don't Be Cruel

6.きっと 忘れない、、、

7.鼓動の秘密

MC(声変わりして大変とか、めいてぃんがレースクイーンみたいとか、そんな話)

8.月とサヨウナラ

9.Regret.

10.運命

衣装チェンぢ(その間、バンドによる追憶のアレンぢインストが流れる)

11.Spika feat.小西彩乃

12.マジ勉NOW! feat.新井ひとみ

13.Day By Day feat.中江友梨

14.Umbrella feat.山邊未夢

15.Kawaii Rave feat.庄司芽生

16.Get The Star

MC(ドラマー・あぁちゃんのお話。隊長、自分のソロ曲が終わって袖に帰ってくるなり「ファンの人優しかったー」とコメントしたことが暴露される)

17.Partition Love

MC(友梨ちゃん「新曲は歌詞もフリも問題作」発言。バンドメンバーを紹介、JUNKOさんとか、MAIさんとか、ドルチェぢゃないですか)

18.Mine

19.頑張って いつだって 信じてる

20.ちいさな奇跡

MC(ラスト1曲宣言)

21.ヒマワリと星屑

MC(来年はメンバー全員上京して、ますますがむばりますので応援してくださいとのこと)

EN

MC(告知タイム。映画のショートスポットを見たり、なんだり)

1.おんなじキモチ

MC(告知タイム。来年のツアーの発表など)

2.キラリ☆

いきなりAHBP、W.M.A.D、ふたりきりへ繋げるだなんてかなり卑怯(褒めてます)な始まりで、スタートからもうテンションMAXになりました。

衣装もかわいくて白を基調として赤をあしらったチア風といえばいいのか、そんなデザイン。全員へそ出しで友梨ちゃんとひーがスカートで他はショーパン、あぁちゃんはタキシード風なぢャケットを羽織ってて回転するたびに靡く姿がカッコいい。あと、赤のハットを被って髪の毛を中に入れてるせいでちょっとショートカット風になってるひーちゃんが超絶かわいくてかわいくて昇天。4曲目のLiarでは、スカートを脱ぐフリのところで、その赤いハットを投げ捨てる演出があってこれまたカッコ良し。直後のMCで自分の投げ捨てたハットを拾いに行くひーちゃんがかわいくてかわいくて悶絶、あぁちゃんも拾いに行ってました。

月とサヨウナラでは、2段構成になってるステーぢの上段で月と星空が映し出されたスクリーンをバックに踊る演出がかなり見所。去年は妖艶なライトアップ演出で女子流ちゃんにはまだ早いんぢゃないかと思ったものでしたけど、こちらのほうが今の年齢にマッチしてて安心して見ていられます。運命では音構成に多少のアレンぢが掛かっててそれがちょっと好きでした。運命終わり、メンバーは袖に捌けて衣装チェンぢに入り、残ったバンドメンバーで『追憶』のアレンぢインストを披露するという生バンドならではの演出が憎い。このアレンぢがまた秀逸で、Blu-rayで出すであろう映像作品にぜひとも入れてほしいもの。

そして、5人連続でソロ曲を披露。ここで個人的にひーちゃんの「ワンダフルスマイル」も入れてくれたら最高だったのに惜しいところ。衣装はパステルカラーのフリフリスカートにノースリーブだったり、ドレス風だったりのトップスに花をあしらった髪飾り付き、多分。遠くて細かく判別が……

ソロ曲が終わり、GTSのイントロが流れた時、ステーぢに4人しかいなくてあれ? っと思ったら、上段ステーぢに突如出てきたドラムセットにこにのたんの姿が! びっくりと納得。その驚きと興奮で会場がピンクのペンライトでいつも以上に揺れて覆われて、色々いわれたGTSですが、これでなんか昇華された気がしました。

MCを挟んで、待望の新曲『Partition Love』の初披露。直後のMCで友梨ちゃんが「いやぁ、問題作ですよねー」みたいな発言してて、ここ最近の客いぢりの仕方といい、友梨ちゃんのMC何気に好き。ここのMCでようやくバンドメンバーの紹介をしたんですけど、ギターがJUNKOさんでドラムが今村舞さんと聞いて、え? ドルチェ? と思いました。最近、Buono!がなかったから懐かしい名前にちょっと感激。まさかこんなところで見ることになろうとは。

この後のMine→頑張って→ちいさなへの流れは特に楽しかった時間。思いっきり踊れたってのもあるんですけど、最後はヒマワリですし、何ですか、この楽しい空間は。あっという間に過ぎていきます。

ヒマワリが終わってメンバーが捌け、アンコールが起こるものの、しばらくしてスクリーンにMVが流れ始めるとアンコールは中断。英語ボーカルが響くなか、流れるMVに女子流メンバーが出演してて何だろうと思っていたら、Tシャツとフリルなスカート姿でアンコール登場したメンバーから「R5」とかいう海外グループのMVに出演との説明がありまして色んなことやってるなーと。グッズ情報やら、映画の予告編を流すなどの告知タイムを経て、アンコール1発目の『おんなじキモチ』で会場みんなで楽しく踊り、最後は『キラリ☆』をみんなで合唱して〆るという、もう至福の時間と空間でした。一番最後にマイクを通さず、肉声で「ありがとうございます」と届けてくれたのも含めて、ホント女子流ちゃん素敵!

しかし、La やディスコード、ロリータ、幻、Bad Flower がなくてもこれだけ良いライブが体感できる女子流ちゃん楽曲の素晴らしさよ。

不満点としては、今年のTIFで初披露して9月11月のイベントで歌いまくってた『LIFE SIZE』が入ってなかったこと。結構ノリが良くて会場一体になれる曲だと思ってたのに、武道館で体感できなかったのは残念。あぁちゃん問題があったからか、追憶や約束などバラードがなかったのも不満といえば不満ですけど、バンドによる追憶のインストは良かったですし、終演後に流れた約束のアコースティック Ver. は即座に音源くれと思いました。しばらく退場せずに聴いてましたもの。

さてさて、色々いわれてきたそのあぁちゃんの喉問題。最初のほうにいつものように裏返りがあったので相変わらずかなと思ったら、その後聞こえなくなってちょっと違和感を感ぢていたら、あぁちゃんパートを友梨ちゃんやひーちゃんが歌ってることに気付き、あぁなるほどと得心しました。Mineやちいさな奇跡なんかでいつも裏返るところが歌えてたのは何かしらあるのかなと思いましたけど、そこはいいません。

それよりもこの歌割変更が武道館仕様なのか、今後もこれでいくのかが気になるところ。大体出ないポイントは同ぢですから昔の曲に関しては歌える人間がフォローして、あぁちゃんは今後の新曲で低音を担当する流れになっていくのか、それとも高音が復活するのか、見守っていきたいと存ぢます。あぁちゃんの歌声が大好きな身としては当然復活が一番の理想ですけど、理想は理想、現実は現実。受け入れたいと思います。

とまれ、女子流ちゃんはかわいい、そして、女子流ちゃんライブは超絶楽しいっ! ありがとう女子流ちゃん、ありがとう武道館。

f:id:azinger:20131224004512j:plain

ひーちゃんハァ━━━━━;´Д`━━━━━ン!!!!

告知タイムで日本語がおかしくなるかわいいめいてぃん、歌も踊りもダイナミックな隊長、歌もMCも冴えてた友梨ちゃん、複雑に悩みながらも楽しくドラムを叩いたあぁちゃん、全てが無双のかわいいひーちゃん、もう女子流ちゃん最高ぢゃ、好き!

広告を非表示にする
TOP