読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

ひーちゃんのひーは姫様のひー

FWVGA用待受

℃平日の金曜日な昨日、わざわざ有休を取って SHIBUYA TSUTAYA に行ってまいりました。

目的は東京女子流・不動のエースであるひーちゃんこと、新井ひとみさんのサイン会に参加するためでございます。基本、あまりこういうのには参加しないクチでして、それはただ単に財政難という現実が99%を占めているという話もあったりしつつ、ひーちゃんには1回間近でお会いしてみたいという気持ちがここ最近強くありまして、仙台はともかく渋谷なら余裕で行けますし、こんなチャンスは早々あるものでもないということで決断した次第です。

その実、接触は苦手といいますか、できるならば近くで見ていたいだけのフット岩尾さんに似た人間で、しかしながらサインしてもらってる間ぢっと沈黙を守るわけにもいかないので何を話していいものやら前日からしこたま考えたり、シミュレーションしたりしたものの、多分ひーちゃんを目の前にしたら頭真っ白になって何もいえないだろうという結論に至ったところでお眠した昨晩。

さて、本番。

17時集合ということで、B1Fに行くと階段に並ばされました。見たところ、60~80人ほどでしょうか。上限に達したとかどうとか、ヲタさんたちの会話を聞きつつ、直前まではぼんやりと。

そして、前の人の順番となったところでひーちゃんのお姿が見える位置に。運命の衣装に身を包んだひーちゃんのかわいいことかわいいこと。このままかわいいひーちゃん見ていたいから、前の人ねばってがむばって信ぢてると願ってる間にさくっと終わり、女子流ちゃんのファンは紳士ですなと思いつつ、カチコチになりながらひーちゃんの前へ。

f:id:azinger:20130608220942j:plain

ひーちゃんハァ━━━━━;´Д`━━━━━ン!!!!

もうかわいい以外の言葉が出てこないぐらいにかわいいわぁ。かわいくてかわいくてもうずっとただただ見ていたいと思うばかりでございました。

取り敢えず、ひーちゃんがサインしている間にツアー行ったことと、『幻』と『約束』が好きで……みたいな話を絞り出したものの、サイン書きが終わってひーちゃんが手渡すのにこちらを見たところでまさしくその瞳に吸い込まれるように心臓がはたと動くのをやめた模様。で、固まったまま終了。お見送りでかわいいお手手を振ってくれたのにバイバイもいえない体たらく。ひーちゃんがかわいすぎるのがいけないんや。(関西弁

会話的には℃失敗ですけど、それは元より自分のせい、ひーちゃんはただただかわいく天使でした。こんな間近で堪能できたこと、それだけで大満足です。しかし、超がつくほどな久々の℃緊張。就活で面接に行った時も、新しい仕事を一人で任せられた時も、お店の鍵を失くした時もこんな緊張しなかったのに。(こらこら

ひーちゃん恐るべし!

あんなめたんこかわいい女の子にはさすがに免疫がありませぬ。かわいい女の子苦手芸人。いや、芸人ぢゃないですけど。

あんなかわいい子は周りにいるはずもありませんから免疫を付けようにも手段がないというか、アイドルの握手会に参加して慣れていくしかないかしら。いってみればアイドルちゃんは高嶺の花、昔でいえばお殿様の娘、つまるところ真のお姫様と名もない百姓の息子が会話するようなものですから、カチンコチンにもなるってものです。気さくに話している人を見ると、ある意味すげーと感心します。あんたは公家か貴族の出身かと。

℃ちゃんベリちゃんも最初は緊張しましたけど、高速握手というせいもあってもう緊張しなくなりました。あの速℃で会話できるテクも根性も持ち合わせてないので川の流れのように。個別握手はさすがに懐が……そういえば、友人のおかげでアプガちゃんとは会話ができるのんびり握手を何回か経験したことありますけど、緊張しなかった気が。あの子らは庶民的というか、親しみやすい雰囲気があるというか、雑草魂というか、かわいい村娘というか、そういったせいかもしれません。

それにしても、ひーちゃんはサインもかわいいわ。特に日付横の顔が好き♡ 頭撫でてあげたい。

ちなみに Type-C 封入のランダムぢャケットカードで初めてひーちゃんが出ました。サイン会に行ったご褒美なのかしら、それにサインしてもらいました。ちなみに他にはめいてぃん友梨ちゃん全員 Ver. が出ました。べーやまさーん。あぁちゃーん。

さて、明日はその女子流ちゃんの定期LIVEに行くので『運命』のMVをリピートして萌え転がっておくことにします。

広告を非表示にする
TOP