うしろの玉ねぎ

かわいい子を眺めていたい。

雅様、そのお姿はいかがなされた?

昨日、ベちゃんの『Loving you Too much』のMVが公開されまして見てみましたところ、雅様と他2名のお化粧が濃いこと山姥のごとし、いや、そんな恐ろしいところまではいってないものの、いわゆるベちゃんのなかでもギャル担当である3人のお化粧、特にチークがごっつくておぢさんはついていけません。

本人たちはあれがかわいいと思ってやっているんでしょうし、「かわいい」と思う感覚は男と女で大きく違ってて個々人でも多種多様ですから、そこは仕方ないと思って諦めるようにしています。

しかしながら、いつも雅ーむの鎖骨が二の腕が背中とのたまっているこの身も今回に限ってはそこまで気が回らないぐらいで、やはりビぢュアルのかわいさ(好みにあったかわいさ)があってこそ、二の腕鎖骨背中肩太腿の素晴らしさが映えるのであります。他の面々もちょい濃い目ですけど、3人が特出してるから気にならないレベル。とはいえ、さすがに3人も引くまでのレベルではないのでこの辺で留めていただきたい。

それを除けばMVとしてはいい出来です。仲良し女子会パーティーみたいなにぎやかさ絵面と、曲のノリの良さが相まって楽しい映像。つぐさんはいつも通り、くまいちょーやまぁさんはかわいいし、ちなこはおもしろいしで、あぁ、雅ーむ……がっつりメイクはどうにもこうにも苦手です。

曲のほうは、CDでも良く聴いてるぐらいに好きな曲。

折角だからと原曲のほうも聴いてみたら、ベちゃんのほうはえらいリズムが速くなっててノリが良くなっている感ぢ。RAPはあちらのほうが圧倒的にカッコよろしい。ハムたんと雅ーむはがむばってますけども、日本語RAPは相当に上手い人がやらないとただダサいだけです。このRAPがなかったから個人的今年の楽曲大賞になりえたかもしれないのに惜しい。ちなみに戦国りほりほやぢフク生萌えの友人は全然違和感ないということで好みの問題ってのは大きいと思いました。

f:id:azinger:20120810211250j:plain

体にカメラ固定しての映像は良かったかなと思います。これでメイクさえ……(以下略

f:id:azinger:20120810211252j:plain

ハムたんの図。アメトーークで岩尾さんが昔のりーちゃんの話しかしない気持ちが少しだけ分かります。

中学生当時のハムたんのかわいさに惹かれてベちゃんに入ってきた身としては、どんどんかわいくなっていく容姿とともにギャル化も進行しちゃう姿に気持ちはぐんぐん下がっていきました。そのくせ、代わりに上がってきたのはさらにギャル℃が高い雅ーむというのはこれ如何に。何気にまいまいも結構ギャル路線ですし、れいなたんも好きとなれば、本当に緩やかな黒髪推奨連合体に所属してナチュラルメイク派の重鎮なのかと自問自答する日々。

確かに今はなきゆうかりんや、愛理んに心ときめき、しげげげ、まのちゃんに惚れているものの、現状3TOPはまいまい、雅ーむ、ハムたんとギャル系な子ばかりで一体これはなんなのかと心理学的に解明を求む。

あ、モノホンのギャルは好きくないです。ギャンは好きです。ギャプランはもっと好きです。(関係ない

f:id:azinger:20120810211251j:plain

みやもものこのシーンが好き。

曲やMVについてよりも、メイクについての話のほうが重きになってしまったのは仕様です。

広告を非表示にする
TOP