読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

その姿、未だ涙を誘う

色々届いたり、仕入れたり、送られてきたり、勧められたり、ほにゃららしたので順繰りに見ていくシリーズ。

℃ちゃんの音霊ライブにも行かず、『スマイレーぢ ベストアルバム完全版①』付属DVDなんぞを見ていました。内容はスちゃんのデビューから今までの歴史を追った映像。

スちゃんといえば、未だに一番好きな曲が『ぁまのぢゃく』です。2nd の『明日はデートなのに…』も曲の雰囲気に加えてMVも最高に良くてあの路線を続けてくれたら、もしかしたらスちゃんに落ちたんぢゃないかってぐらいにあの2曲は気に入っています。メぢャーに転ぢて、コミカルロックテイストになっちゃって少し楽曲に対する興味は薄れたものの、佐吉の株が上がってゆうかりん最強で、現メンバーに申し訳ないながらも初期はホント良い時代でした。

新曲『好きよ、純情反抗期。』や『プリーズ ミニスカ ポストウーマン』なんかは好きなんですが、ふとこれが佐吉やゆうかりんだったらという思う時がどうしてもあるので、なかなかあの2人の思い出を頭から消していくのは難しいようです。時が解決してくれるでしょうが。

f:id:azinger:20120809215112j:plain

ゆうかりぃ━━━━━;´Д`━━━━━ん!!!!

あぁ、今見てもかわいさMAXの素晴らしさ。映像でも写真でもゆうかりんの姿を見ると、なんでやめちゃったのか……という思いがとめどなく溢れてきます。ゆうかりんほどのアイドル・オブ・アイドルな人は今後二度と現れないんぢゃないかってぐらいの天然由来100%、ザ・アイドルって子だったのに本人にその自覚がなかったのが悔やまれます。ただ自覚があったら、あんなふうにみんなに愛される天使になってなかったかもしれず、そこが難しいところ。

f:id:azinger:20120809215113j:plain

ショートカットになんてしなければ……。

いや、たらればですけど。のちに「私の髪の毛返してよっ!」なんてセリフ吐くぐらいですから心底切りたくなかったんでしょう。乗り越えてほしかったと涙。ゆうかりんはもっと涙だったでしょうけども。

f:id:azinger:20120809215114j:plain

そして、新メンバー加入。ふーちゃんの復帰発表はまだですか?

f:id:azinger:20120809215115j:plain

んでもって佐吉卒業。

佐吉の歌と笑顔と笑い声が大好きでゆうかりんに次いで推してて、おはガールとしても楽しみにしてただけに突然の卒業は残念すぎるぐらいに残念でした。せめて写真集とDVDを出してからでもと何度思ったことでしょう……あぁ、佐吉、今は高校生ですか、どうしてるのかしら。

f:id:azinger:20120809215116j:plain

とどめのゆうかりん卒業。

一推しだった娘。のえりりんが卒業し、二推しであったゆうかりんを一推しに昇格することでその傷を埋めていた友人のショックたるや、もうそれはそれは言葉に書けない凄まぢさ。2年連続で一推しを失うなんて経験はなかなかできるものではありません。したくもありませんが。

この佐吉とゆうかりんの卒業でスちゃんへの熱はかなり減りました。佐吉とゆうかりんの声、歌、キャラが好きで、スちゃんはいつも佐吉とゆうかりんを見ていただけにどうにもこうにもなりませぬ。だわもにょんもかわいいけども、それは仕方ないことなのです。

でも、まだスマイレーぢは現在進行形で続いています。だーわーとにょんが今まで何のために努力してきたのかと必死の思いでがむばっています。かななんもタケちゃんもぷーりなもめいめいもがむばっています。がむばっているかわいい子はやはり応援したくなるものです。比重はすっかりベリキューに戻りましたけども、これからもスちゃんは緩やかながら見守っていきたいと存ぢます。

そういえば、3期メンバー募集はさすがにもうしないのかしら。

と、こんなところまでブログを書いたところで、ベちゃんの『Loving you Too much』のMVがアップされたのでちょっと見ました。感想についてはまた明日。

それから℃ちゃんの音霊ライブには相変わらず自己中の迷惑ヲタがいた模様で、こういうのが℃ちゃんの評価を下げる一因なのに事務所スタッフの対処の仕方は残念だなと思います。そもそも℃ちゃんのライブに行かないのはそういう理由が一部あったりします。目標に向かってがむばってるあの子たちの努力を無駄にしないよう、事務所スタッフにはより一層がむばってもらいたいものです。でないと、あの子たちが不憫でなりません。

広告を非表示にする
TOP