読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うしろの玉ねぎ

かわいい子なら、大概、大好き、愛してる。

『ふんわり・さ・こ』というタイトルは素敵

アイドル グラビア

伊藤梨沙子ちゃんの 2nd DVD が到着。

今回も前作に続き、残念ながらリバプールということで過度の期待は禁物と思いつつ見たら、案の定の水着のヌルさに映像のヌルさ、企画のヌルさで何かしらのヌルヌルマニュアルでもあるんぢゃないかと思うほどです。

ファンであれば、数少ない梨沙子ちゃんを見る機会なので見てて楽しいといえば楽しいですが、グラビアアイドルとしてその体、そのスタイルをぢっくり鑑賞するという目的であれば、お薦めはできません。グラドル好きな人ならリバプール作品についてはほぼ全作品期待できないのは分かってることでしょうが。

f:id:azinger:20120720211521j:plain

さて、ch.1はOPなので飛ばすとして、ch.2は砂浜ではしゃぐ梨沙子ちゃんの図。淡いピンクのフリフリ水着にポニーテールといったかわいらしい格好で、スタイルを楽しむならこのチャプターかも。

ch.3は、海辺近くに生い茂る木々の中を散歩してる絵。白シャツにミニスカで、眼鏡の選択が微妙ですけども梨沙子ちゃんはかわゆす。ミニスカから覗く太腿が見所。ちょっとぼかしをかけたようなエフェクトが多少邪魔に感ぢなくもありません。映像に余計な効果を入れるところは大概中身もダメダメです。

f:id:azinger:20120720211522j:plain

ch.4は、寝起きという設定でベッドで横になってクマのぬいぐるみといちゃいちゃしてます。タンクトップに短パンと部屋着のような衣装で胸元を期待しちゃいますが、鉄壁な上にゴロゴロ転がったりもなく、太腿が堪能できるわけでもなく、唯一良かったのはクマのぬいぐるみになりたいと思えたことぐらいです。

ch.5は、ピンクのワンピース姿で街を散策したり、お店で買い物したりと良くある映像。

f:id:azinger:20120720211523j:plain

ch.6で再び、海へ。青を基調とした柄物水着に身を包んでの砂遊びと、シュノーケル咥えて泳いでる様子。海での水中カメラはちょっとキツいです。

f:id:azinger:20120720211524j:plain

ch.7はゴルフの練習をする企画。ゴルフルックが非常にかわゆいです。似非絶対領域と時々見えるおへそに加えて、このチャプターは笑顔が抜群にかわいく撮れてて水着ぢゃないのに何回も見ちゃいました。

f:id:azinger:20120720211525j:plain

ch.8は、ブルマみたいな体操着を着てビーチバレーみたいなことをしています。両おさげのかわいらしさと、これまたちらりと見えるおへそと太腿を楽しむチャプターでしょうか。最後に全力疾走坂なんていう企画がありますが、梨沙子ちゃんがかわいい以外に特にコメントはありません。

f:id:azinger:20120720211526j:plain

ch.9では、上に黄色のビキニ、下はデニムのショーパンルックで自転車に乗って走ってる映像。止まって休んだり、自転車を押したりといった絵もなく、単調に時間が過ぎていきます。どんだけー。

f:id:azinger:20120720211527j:plain

ch.10は、ch.5と同ぢピンクのワンピース姿でアイスクリームを食べてから、遊園地で逆バンぢー的な乗り物に乗って悲鳴を上げるシーンが続きます。怖がって泣いてる梨沙子ちゃんはかわいかったし、乗り終わった後の泣き疲れました的表情は美味しくいただけました。

f:id:azinger:20120720211528j:plain

最後のch.11は、日も暮れかけた海辺にて白水着姿で佇む映像。淡々としてて特に見所はなく……

オフショットなどの特典映像もなく、ボリューム的にも水着的にも企画的にも映像的にも全体的にもいまいち。良いのは梨沙子ちゃんがかわいいことだけでメーカーからして分かっていたことですが、悪い意味で全く裏切らない出来上がりに、ある意味でさすがと感嘆するほかありませぬ。

かわいい梨沙子ちゃんが映っている映像が見られるだけで今は満足できるゆえにいいですけど、次は是が非でも違うメーカーから出してください。もっと見たいものがあるんです。

伊藤梨沙子「ふんわり・さ・こ」 [DVD]

伊藤梨沙子「ふんわり・さ・こ」 [DVD]

TOP